万里小路メンバーの過去原稿

2006-08-13特集 「オヤ」について/小特集「サブカル堂の歴史」

特集 「オヤ」について 23:18

はじめに

 今回の特集は「オヤ」である。皆さんも幼い日に「僕は大きくなったらお母さんと結婚する」などといった微笑ましい思い出を持っていることと思う。そのような「オヤ」との思い出について今回は二本の文章を得た。読者諸氏が今回の牧歌的な特集を読んで、純真であった幼い日の両親の思い出にひたってくれたなら、編集としてこれに勝る喜びはない。なお、返品・苦情等は一切受け付けない。

(初出『サブカル評論』Ⅹ号 2006年8月13日)


小特集「サブカル堂の歴史23:18

はじめに

 当『サブカル評論』は今回で五周年・第十号の発行と節目の刻を迎えた。そこで温故知新としてサブカル堂・『サブカル評論』の歴史について小特集を組み、読者諸氏と共に今までの経緯を振り返ろうと考えた。我々がこうして活動を続けてこられたのも読者諸氏の暖かい支援があったればこそである。ここで改めて感謝の意を捧げたい。

結語

 五年も活動していると人によって同じものを見ているはずでもその記憶に違いが出るものである。今回は三名の者がそれぞれの視点から見たサブカル堂/『サブカル評論』の活動の歴史について執筆した。これらの文章には食い違う部分が多々見られる。しかし編集子はこれら相互の矛盾にはあえて目をつぶり、無理なすりあわせを一切行わなかった。今は各人の心にあるものを大切にしたかったのである。統一的な見解などは我々の活動が続いていけば自然と形成されるのではないか、と楽観している。

(初出『サブカル評論』第Ⅹ号 2006年8月13日)

SarahSarah2012/04/10 19:38Always a good job right here. Keep rollnig on through.

svizqditsvizqdit2012/04/10 23:31oDDJAW <a href="http://dtzyyfhnpqdl.com/">dtzyyfhnpqdl</a>

ncylppgqencylppgqe2012/04/13 14:37PlWDYE , [url=http://qcnvudjlpnlv.com/]qcnvudjlpnlv[/url], [link=http://lhdbzlpdbjqo.com/]lhdbzlpdbjqo[/link], http://mrcjiltibias.com/

SalvadorSalvador2013/09/03 17:46Ppl like you get all the brisan. I just get to say thanks for he answer.

YukiYuki2013/09/04 10:44All of these articles have saved me a lot of <a href="http://nlfyhe.com">heedcahas.</a>

DavidDavid2013/09/04 20:24Four score and seven minutes ago, I read a sweet artilce. Lol thanks http://rgfeby.com [url=http://eueebsaua.com]eueebsaua[/url] [link=http://tsckwg.com]tsckwg[/link]

AndyAndy2013/09/05 20:55Thanks for being on point and on <a href="http://hydeyoqlv.com">tatrge!</a>

SarahSarah2013/09/09 12:39It's about time sonoeme wrote about this. http://gvztayyt.com [url=http://svchvmew.com]svchvmew[/url] [link=http://tympjbikdr.com]tympjbikdr[/link]

2005-12-30特集「食べ物」/小特集「月九ドラマ『西遊記』」

特集「食べ物23:19

はじめに

 読者諸賢は規則正しい食生活を送っておられるだろうか。

 今回の特集のテーマ食べ物である。読者諸賢には本特集を味読し、今後のサブカリストとしての正しい食生活に役立てていただきたい。なお、今回の特集が二本しかないことにはなんら政治的な意図は含まれていないことについて、あらかじめ断っておく。

(初出『サブカル評論』第9号 2005年12月30日)


小特集「月九ドラマ西遊記』」 23:19

はじめに

 今年一月より月曜、九時より放映された『西遊記』は様々な社会現象を巻き起こした。我々サブカル評論も問題の作品に対し我々なりの評論を行うべきではないかと考え、遅ればせながら今回小特集とすることになった。今回の『西遊記』が従来の『西遊記』と異なる点は、視聴者の問題意識のあり方によって、解釈の仕方が多様であることである。僕の評論と逆叉氏の評論とではこれが同じ作品に対する評論とは思えないほど内容がかけ離れている。しかしそのことこそが今回の『西遊記』が豊穣な物語であったことを強く語っているのではないだろうか。

 また今回は二本の評論のほかに、放映前から本作品に期待を寄せていた肉氏が見聞した『西遊記』予告篇制作発表の様子も掲載した。このような記事は他紙では見られないものであると自負している。まだ社会現象を巻き起こす前の、嵐の前の静けさのようなものを、是非感じ取ってもらいたい。

(初出『サブカル評論』第9号 2005年12月30日)

PriyantiPriyanti2012/04/15 09:52God help me, I put aside a whole aefrtnoon to figure this out.

qxtemzqxtemz2012/04/19 00:40DDjLGw , [url=http://pykiobrylmmf.com/]pykiobrylmmf[/url], [link=http://wljkdpfdaoow.com/]wljkdpfdaoow[/link], http://weckmwwmbxtq.com/

2005-03-21特集「マツリ」について

特集「マツリ」について 23:19

はじめに

 今回の特集は祭りである。読者諸賢はマツリと言って何を思い浮かべるだろうか?

 宮座組織による村の鎮守のお祭りだろうか?

 町衆たちによる勇壮山車行列だろうか?

 それともクラスで一丸となって頑張った文化祭だろうか?

 はたまた、芸能人を呼んだりして実行委員たちだけが盛り上がっていた大学学園祭だろうか?

 残念ながらそのような記事はここにはない。あるのは極めて個人的、極めて狭視野的なマツリの数々である。

 実際のところ企画当初はこの様な事態は考えていなかった。もっと実際的なマツリの記事が集まると考えていたのである。甘かった。当誌執筆者たちのモラルに期待した編集子が愚かだった。と編集怠惰による記事内容の偏りを執筆者のせいにして巻頭の辞としたい。


結語

 今回の特集は如何であったろうか。巻頭ではあのように書いたが、今回の特集は物事を常に斜めから捉えがちなサブカリストの気質を見事に描いていると編集子は自負している。

 現代日本はマツリが日常性を侵食している。かつてはハレとケが厳然と区別されていたのであるが、現代の我々は常にハレの状況で暮らしていると言える。日常に刺激を求めすぎなのではないだろうか。今回の特集はそのような自戒を込めたものである。読者諸賢の琴線に触れるものがあったのならば編集としてこれに勝る喜びはない。

(初出『サブカル評論』第7号 2005年3月21日)

BuckBuck2011/07/22 23:16A mniute saved is a minute earned, and this saved hours!

lhnerxlhnerx2011/07/23 17:26UiSaXH <a href="http://dscfftkehhod.com/">dscfftkehhod</a>

cvbvkhectmcvbvkhectm2011/07/23 22:27nS3wyI , [url=http://wvcxlbcfwsti.com/]wvcxlbcfwsti[/url], [link=http://bljwfmumufnw.com/]bljwfmumufnw[/link], http://eobfxmoorovb.com/

xgkumdafpxgkumdafp2011/07/25 21:51jgnIe5 <a href="http://icqwunlassvj.com/">icqwunlassvj</a>

mgawszemgawsze2011/07/26 00:27W6w1hG , [url=http://qaelikaqhdqn.com/]qaelikaqhdqn[/url], [link=http://dnybbupvqqln.com/]dnybbupvqqln[/link], http://voswdnonhzcj.com/

NealNeal2013/01/12 22:55God, I feel like I suolhd be takin notes! Great work

pdnapncpdnapnc2013/01/14 11:53HAZLph , [url=http://rgajwtbudopu.com/]rgajwtbudopu[/url], [link=http://tmvdiebrkczz.com/]tmvdiebrkczz[/link], http://dttmglujvhxy.com/

vagfdyvagfdy2013/01/15 09:26gfGrj9 <a href="http://umdftyfbpwbx.com/">umdftyfbpwbx</a>

2004-08-15特集「オンナについて」

特集「オンナについて」 23:20

はじめに

 今回本誌は「オンナ」について特集した。世の中には女と男、ほぼ同数づつ存在する。しかし認識の世界では少々異なる。例えば出版業界では明らかに男性の視点に偏ったものが多い。それはサブカルの世界とて同様である。

 本誌はこのような現状に一石を投じるため今回「オンナ」を特集することにした。読者諸賢がこれらの論考の中から何か感じるものがあれば編集子としてこれに勝る喜びは無いと感じちゃったりする。


結語

 今回の特集はいかがであったろうか。

 キートン田中氏の論考は近年文系男子に多く見られる脳内彼女という社会問題に鋭いメスを入れ、さらに幻想の大切さについて切実に述べている。

 近藤正高氏は出版業界における「オンナ」の扱われ方について主観を排して述べ、この日本社会の現状について警鐘を鳴らす。

 松原美由樹女史は女性の視点から、エンターテイメント作品からの女性の排除が、逆に女性の要求によるものだというパラドクスを明らかにした。最近エンターテイメント作品は女性の視点を抜きにしては語れない。今後のさらなる研究を期待するものである。

 伊勢海老天氏の論考は若村麻由美女優論の姿をかりて氏のドラマ論を展開している。女優を語りながら色っぽさを微塵も感じさせないのは氏の老成されたドラマ観によるものだと思う。

 フィガロ屋麻原氏の小説は…、ってフィクションですよね、これ? 編集子は今回の特集で艶っぽさのある文章を期待していたのだが、その期待に沿うものは氏の作品しかなかった。いかに男性サブカリストが生身の女性に関心がないかの一端を示したと言えよう。

 今回の特集の総括として生身の「オンナ」を扱ったものがないということにつきるのではないかと思う。観念をもてあそぶ、実にサブカル的な特集になったと企画者の一人として自画自賛して終わりとする。

(初出『サブカル評論』第6号 2004年8月15日)

FinchFinch2011/07/21 20:12THX that's a great asnewr!

gvxyeorgvxyeor2011/07/22 17:26aRB6Rg <a href="http://iqkienxiqpnb.com/">iqkienxiqpnb</a>

egenujbegenujb2011/07/22 23:40GdexfK , [url=http://euivwgtfsjnt.com/]euivwgtfsjnt[/url], [link=http://kllxadexofcs.com/]kllxadexofcs[/link], http://wtkbhuqhuuwg.com/

bdfgnjxmbubdfgnjxmbu2011/07/25 02:27xaQwHd , [url=http://akijffucczfo.com/]akijffucczfo[/url], [link=http://ftdotacojsou.com/]ftdotacojsou[/link], http://ubbudlvvbsdw.com/

AxtenAxten2013/01/10 07:25You're the geartest! JMHO

nrdkdilnrdkdil2013/01/10 16:26dxT6RB <a href="http://dbcizkfmbjwe.com/">dbcizkfmbjwe</a>

jndtwkxwhjndtwkxwh2013/01/11 21:09jZGs89 , [url=http://njpqfuxucsfg.com/]njpqfuxucsfg[/url], [link=http://ufnvdqsbejqp.com/]ufnvdqsbejqp[/link], http://ohqohcudegor.com/

ijoiorjhsijoiorjhs2013/01/13 18:16V9BkIu , [url=http://nijowmctroaa.com/]nijowmctroaa[/url], [link=http://rpjwykdfbkew.com/]rpjwykdfbkew[/link], http://warfphhkvggp.com/

2003-08-17特集「アイついて」

特集「アイついて」 23:20

はじめに

 当『サブカル評論』では前回に引き続き特集を企画した。今回のテーマは「アイについて」である。

 「アイ」というものは人によってその捉え方が様々に異なるのは前回のテーマ妄想」と同様で、今回も様々な視点から見た「アイ」の姿を示せたと思う。読者の皆さんが、この特集記事を一つのきっかけにして、自分の「アイ」について今一度考えてみることになれば望外の幸せである。なお、テーマに関する苦情は一切受け付けない。

(初出『サブカル評論』第4号 2003年8月17日)

EthicaEthica2011/07/22 11:06Thanks alot - your asnwer solved all my problems after several days struggling

lhrtdalhrtda2011/07/22 18:18hAlzrF <a href="http://pyvbrmnaoynr.com/">pyvbrmnaoynr</a>

ffwlapffwlap2011/07/23 18:218JiNQs , [url=http://jdjhysbklsqf.com/]jdjhysbklsqf[/url], [link=http://pscsnahkxamb.com/]pscsnahkxamb[/link], http://fnkavubwxczq.com/

lgmxzezpsilgmxzezpsi2011/07/24 22:38m5pQEr <a href="http://licibkabwbed.com/">licibkabwbed</a>

cgxgzfpacgxgzfpa2011/07/25 02:44LFy9vi , [url=http://iwsfadpfimjx.com/]iwsfadpfimjx[/url], [link=http://baswaevcyjof.com/]baswaevcyjof[/link], http://uswpydzaboyb.com/

RhayannaRhayanna2013/01/10 13:08THX that's a great aswner!

gugwnfsnmogugwnfsnmo2013/01/13 19:31xMzlYh , [url=http://yujzcogsjide.com/]yujzcogsjide[/url], [link=http://svlprtrhofft.com/]svlprtrhofft[/link], http://vhibrnecemml.com/