近藤メンバーの過去原稿 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-15

サブカル雑想/矢作俊彦三島由紀夫手塚治虫サブカル雑想/矢作俊彦と三島由紀夫と手塚治虫と - 近藤メンバーの過去原稿 を含むブックマーク はてなブックマーク - サブカル雑想/矢作俊彦と三島由紀夫と手塚治虫と - 近藤メンバーの過去原稿 サブカル雑想/矢作俊彦と三島由紀夫と手塚治虫と - 近藤メンバーの過去原稿 のブックマークコメント

 今年(2004年)もまた朝日新聞社主催の手塚治虫文化賞の受賞作が発表され、前年度一年間の最優秀作品に贈られるマンガ大賞には岡崎京子の『ヘルタースケルター』(祥伝社)が選ばれた。とはいえ、岡崎は1996年の交通事故以来活動を停止しており、今回の受賞作も雑誌連載から7年を経て、本人の手が一切加えられないまま刊行されたものだ。そんな特別な事情を持った作品が、昨年一年間に発表・刊行されたマンガの中でもっとも優秀な作品を選ぶこの賞を受賞するというのは、きわめて異例のことだろう。だが、依然として本人は表に出られない状態であり、ファンとしては素直に喜ぶことはできない。

 さて、それよりやや遅れて今年の三島由紀夫賞(新潮社主催)の発表があり、大方の下馬評どおり、矢作俊彦の『ららら科學の子』が選ばれた。矢作俊彦といえば、かつてダディ・グースを名乗るマンガ家だったことでも知られるが、その初めての作品集『少年レボリューション』が昨年飛鳥新社から刊行されている。ここで改めて手塚治虫文化賞で『ヘルタースケルター』のような例が認められたことを考えると、この本が今年の同賞の選考対象になっても全くおかしくはなかったわけだし、ひょっとしたら大賞に選ばれることだってありえたのではないか……などとつい夢想してしまう。仮に矢作が三島賞に加え、手塚治虫文化賞を受賞していたら、文学・マンガの二分野でのビッグタイトルを一挙に手にしたということで結構話題になったのではないだろうか。何より、彼の三島賞受賞作が、そのタイトルからもあきらかなように、手塚作品へオマージュを込めたものであったことを考えるとちょっと惜しい気がする。

 ちなみに手塚治虫当人は生前、三島由紀夫をライバルとしてずっと意識していて、その作品を読んでは何となく自分と性格が似ているように感じていたという。そう言われてみると、三島の遺作である『豊饒の海』四部作(『新潮』1965年9月号~71年1月号連載)と、手塚がほぼ同時期の1966年より晩年まで描き続けたライフワーク『火の鳥』に、輪廻転生という主題や天皇制への接近などといった共通点を見出すこともできるかもしれない(ただし三島は晩年、『火の鳥』を描くようになった手塚を日教組御用達のマンガ家に成り果てたとこきおろしている。だが手塚が『豊饒の海』を意識していなかったことはけっしてないはずだ)。また社会学者の桜井哲夫も、評伝『手塚治虫』(講談社現代新書、1990年)の中で両者の類似点として、彼らが徹底的に人工的・無機的な世界を構築することに情熱を傾けたことや、母親が積極的に彼らの創作活動を手助けしたことなどに注目している。

 そんな戦後日本の巨人として双璧をなす両者の類似を考えると、矢作俊彦三島賞と同時に手塚治虫文化賞を獲ることができなかったことがよけいに惜しまれる。果たして今後、二つの賞を共に手にする人物は現われるのだろうか?

 (初出 『サブカル評論』第6号、2004年8月)