Hatena::Groupsubhyon

「書評」第15号分

「書評」第15号分

神尾葉子『花より男子』(集英社 1992~2004年)/評者・肉十八

 本書は「ご隠居、やっぱり花より団子ですね」の名台詞で余りに有名な、歴史的国民的アイドル「うっかり八兵衛」の実像について語られた珠玉の歴史ノンフィクションである。

 一説には江戸時代前期に活躍したと言われるうっかり八兵衛。その正体については、幕府隠密説、ご落胤説(時の将軍の「うっかり」で生まれたという出自からその異名がついたとする説)、ソ連軍スパイ説、実は架空の人物であった説など、現在の近世史学界においても諸説あるが、本書では、そのいずれの説にも因らず、うっかり八兵衛を『好色一代男』の主人公世ノ介と比肩する稀代の《男色家》であったという新説に基づいて論を展開している。

 本書では、当時の文献をもとに八兵衛が諸国を巡る中で出会った『男子』たちとのめくるめく恋愛の数々に焦点を当てつつ八兵衛の人物像をリアルに描き出しており、正に近世史界の『男版・俺の空』的作品であるとの評価が高い。ただ、刊行当時はその『好色一代男』に勝るとも劣らぬリアルな恋愛描写が倫理的に問題となったらしく、結果、八兵衛を主人公とせず、代わりに「天下の副将軍・水戸光圀」という架空の老人を主人公とし、八兵衛をその同行者という立場に変えて諸国を巡る勧善懲悪の物語として大幅に改訂された。この《ディレクターズカット版》こそが、後に映画やテレビでお茶の間を一大ブームに巻き込む『水戸黄門』シリーズの原型であることは、一部の日本近世史家の中では公然の事実である。

 本書のラストでは、諸国の男子を漫遊し尽したうっかり八兵衛が、ついに好色丸に乗り込み、海の彼方にあるという男だらけの「男護ヶ島(だんごがしま)」をめざして船出したものの、船は出港後に即難破。島は島でもなぜか島原に流れ着き、上陸直後に隠れキリシタンの密航者と間違えられて磔にされ、「いけねぇ、こいつはうっかりだぁ」と叫びながらあっけなく処刑されてしまう。その唐突にして無残すぎる最期を遂げながらも、うっかり心を忘れない八兵衛の死に様に涙を流さない読者はいない。

 なお、現在、八兵衛の好色諸国巡り時代から処刑による無残な最期までの半生を『花より男子ファイナル』というタイトルで映画化する企画が進められているとのことである。出演者には、○田裕二、○平健、平○二朗、○原敬之、また男色の取り揃えでは右に出る者のいない○ャニーズ事務所のアイドルタレント等が候補にあがっているが、「洒落になっていない」と上映そのものに危機感を抱く関係者も多く、上映時期は未定である。

 ともあれ、長年老若男女に愛され、また本書をきっかけに男色説が公になったことで、由美かおるの入浴シーンを日々の生きる糧としている老年男性以外の、特殊な性癖を持つ老年男性のファンまでも獲得し、新宿二丁目における「うっかりされたいタレントNo.1」の座を四半世紀に渡り死守している「うっかり八兵衛」の魅力を本書で感じて欲しい。

森見登美彦『四畳半神話大系』(太田出版 2004年)/評者・村垣一二三(わるつ)

 現在、我々は怪奇に飢えているのだろうか。

 今年、宮崎駿監督はクトゥルフ神話に登場する「深きもの」を主人公としたアニメ映画を公開した。また『真ク・リトル・リトル神話大系』の再編集版の刊行も進んでいる。昨今のこのようなクトゥルフ神話ブームの火付け役となったのが、この森見登美彦氏の『四畳半神話大系』である。「四畳半」と聞くと、我々ゆとり世代はすぐにブチギレ系芸人松本0:00の名作コントを思い浮かべてしまうが、この作品と松本氏とほとんど関係がない。幻覚剤の材料としてサルマタケが登場するくらいだろう。

 この作品において京都の大学生である主人公は、あるときは下宿の先輩(実はナイアールラトテップ)にそそのかされて南極に行き、あるときは新入生の女の子(実はナイアールラトテップ)に懇願されて冥王星に、あるときは妖艶な美女(実はナイアールラトテップ)にサルマタケ製幻覚剤を投与され「夢の国」(鼠はいない)に行くことになる。まぁ我々就職氷河期世代特有の、悟ったものの言い方をすれば、人生というものは人に騙されるためのものであり、いい人生かそうでないかは騙される相手による区別でしかない。その点この主人公は幸福なのだろうか。少なくとも主人公が七転八倒する怪奇的冒険に手に汗を握る、我々団塊ジュニア世代は心地よく森見氏の手の上で騙される幸せを感じることになる。

 寝苦しい夏に涼を求めるのにも、これからの秋の夜長にも、ともにお勧めできる珠玉の一冊である。

阿川弘之『大人の見識』(新潮新書 2007年)/評者・徒然亭草稿

 偉い小説家で文化勲章も受章している阿川先生。あるとき、某総合雑誌の編集者から、「今後の日本についてどのような『けんしき』をお持ちでしょうか? それでひとつ、原稿をお願いしたく思います」と依頼を受けます。

 この阿川先生、大変負け惜しみが強いといいますか、知識人としてのプライドが高い人でございまして、「知らない」「わからない」などとは口が裂けても言いません。

「ああ? うむ、『けんしき』かね……そりゃあまあ……」

「おそらく、先生のことですからいろいろとお持ちかとは思いますが」

「え? ああ、もちろんだよ、君」

 と返事をしてしまいます。

「では原稿のほうお引き受けくださいますね。のちほど、締め切りが確定しだい、またお電話ででもお知らせしますので。では、小生はこれにて失礼いたします」

 と編集者は帰ってしまった。先生はうっかり原稿を引き受けてしまったものの、「けんしき」という言葉が気になってしょうがない。

続きを読む

横山秀夫『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋 2003年)/評者・肉十八

 G馬県では知らぬ者のいない、アマチュア登山チーム「上野村クライマーズ」のメンバーたちの半生を描いた人情味あふれる社会派ヒューマンストーリー。なお、本書のタイトルは、某有名タレントが自らの少年時代を綴った小説『たけしくん、ハイ!』へのリスペクトとされている。

 群M県の山奥の村で貧困に喘ぎ、ろくに教育も受けられないままにただグレていくしかなかった少年たち。しかし彼らは、都会より流れ着いてきた、元「東映スパイダーズ」出身のプロのフリークライマー(ビル登り専門)を自称する獅子春鈍(れおぱる・どん)の熱烈な指導と拷問により、いつしかクライマーとしての才能に目覚めていく。

 小柄な体躯を活かして山々を跳び回る「モンキー」、顔面に落石を受けてもひるまず登り続ける「ダニ」、巨漢で怪力の「材木」、インテリ登山を得意とする「大学」、ナイフ投げの名手「網走」、立ちはだかる岩壁もダイナマイトで吹っ飛ばず「ハッパ」など、ことごとく個性的かつ犯罪的なメンバーたちが、「俺たちゃ、裸が登山服」を合言葉に、めきめきと成長していく姿がいきいきと描かれている。戦後間もない頃の日本の山間部における義務教育が、いかに杜撰であったかを再確認できるエピソードだ。

 また本書では、少年たちの登山修行シーンのいっぽうで、その本筋とはまったく関連なく、同じG馬県内で起きた「大久保清事件」や、「連合赤軍事件」、そして特に御巣鷹山に墜落した「日航機墜落事件」については人一倍詳しく取り上げており、上毛新聞出身である著者の地元を強く愛する視点が所々に窺うことができる。

 その地域を宣伝・アピールし利益を地元に還元していく「地域密着型」の取り組みは、スポーツの世界だけではなく、出版物や映像作品などのエンターテイメントの分野においても強く推進されていると言われる昨今だが、本書は地域の事件事故までを積極的に取り上げ、そんな「地域密着型」というレベルを情熱においてもインパクトにおいてもはるかに上回る、「密着」という言葉に収まらない、いわば「地域激突型」の小説と呼ぶにふさわしい作品と言えるだろう。最後に、御巣鷹山墜落事故の犠牲者の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げ、関係者の皆様に深くお詫び申し上げる次第です。合掌。