Hatena::Groupsubhyon

『AERA』

『AERA』

【あえら】①文化人なら誰でもそのカバーを飾ることを夢見る雑誌。②朝日新聞社員なら誰でもその編集部に配属されることを夢見る雑誌。③ダジャレ好きなら誰でもその広告に一行コピーが採用されることを夢見る雑誌。④どうでもいいことをさも深刻な問題であるかのようにとりあげる雑誌。香山リカなどが常連コメンテーター。⑤その愛読者は「アエラー」と呼ばれる(命名者は山崎浩一)。用例:「SPA!男に~女」(どちらも煮ても焼いても食えないの意)。

 (リスト::天使の辞典::サブカル雑誌篇