Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::国立国語研究所

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::国立国語研究所

国立国語研究所【こくりつこくごけんきゅうじょ】①実在の独立行政法人。②国語と言語に関して色々研究してるんだってさ。③独立行政法人って何? ④今西刑事が事件解決の鍵として、東北地方出雲地方の方言の類似を教えられた場所。映画版では、鍵を得た今西がさっそく、研究所の近くにあった地図店で出雲地方の地図を手にとり、ついに「亀嵩」という地名を発見する。⑤日本語に関する総合研究機関として1948年に設置。『砂の器』が新聞連載された時期(1960~61年)には東京・一ツ橋(千代田区)にあったが、1962年東京都北区に移転。1974年公開の映画版では移転後の研究所で実際にロケが行なわれている。その後2001年に独立行政法人となり、2005年2月には都下立川市に移転した。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::お寿司に新聞

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::亀嵩

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::内外地図

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇