Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::構想十四年

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::構想十四年

構想十四年【こうそうじゅうよねん】映画版『砂の器』は、原作の新聞連載中に企画され、脚本は原作完結前にすでに、三週間で書き上げられていたという。しかし、脚本を読んだ松竹会長の城戸四郎が、そのあまりにヘビーなテーマゆえに、製作にストップをかけたため、実際に映画が公開されるまでには14年もかかることとなる。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::映画版

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::原作

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇