Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::田所

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::田所

田所【たどころ】①映画版において、丹波哲郎演じる今西刑事が、和賀英良の足どりを追って伊勢の映画館「ひかり座」を訪ねた際、そこにある政治家の写真が掲げられていることに気づくシーンがある。伊勢を地盤とするその政治家の名は田所重喜(佐分利信)であり、写真について今西から訊ねられた支配人は、嬉々としながら「ああ、あれは田所先生ですよ」と答えるのだが、その支配人を、当時すでに『男はつらいよ』シリーズで松竹の看板俳優となっていた渥美清が演じている。渥美清の本名は田所康雄だが、これは単なる偶然なのだろうか? それとも、『男はつらいよ』の監督であり、『砂の器』では脚本を担当(橋本忍と共同執筆)した山田洋次の「遊び」なのか? ②まったくの余談ながら、『砂の器』とほぼ同時期の大作映画『日本沈没』(1973年東宝)に登場する小林桂樹扮する博士の名も田所であった。同作は、脚本を『砂の器』と同じ橋本忍が手がけ、首相役で丹波哲郎が出演するなど『砂の器』との共通点が結構多い。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::田所市之助

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::田所重喜

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::橋本忍

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::山田洋次

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇