Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::緒形拳

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::緒形拳

緒形拳【おがた-けん】①俳優。代表作は映画版『孔雀王』。②映画版で三木謙一役を好演。公開当時37歳。③「秀夫、なぜだ、どげーしてなんだ。会えば今やらかけちょる仕事がいけんようなるなんて、なんでそげなことゆーたらか。わしにはわからん、たった一人の親、それもあげな思いをしてきた親と子だよ。秀夫、わしゃおまえの首に縄、縄つけてでも引っ張ってくから。来い一緒に!」 ④粗野な中にもどこか知性を感じさせる役どころを演じたら天下一品!という印象がある。新国劇在籍中に主演した出世作・NHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)での秀吉役がまさにそうだった。その後、大河ドラマでは『黄金の日日』(1978年)でもふたたび秀吉を演じているが、同ドラマにおける歴代の秀吉俳優のなかでも、いまだに彼を越す者はいないのではないか。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::三木謙一

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇