Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::芥川賞

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::芥川賞

芥川賞【あくたがわしょう】①『砂の器』の原作者松本清張が、1953年に「或る「小倉日記」伝」で受賞した新人文学賞(正式名称は芥川龍之介賞)。実は同作品はもともと直木賞にノミネートされていたのだが、芥川賞の選考にまわされたという経緯がある。当時はまだ芥川賞直木賞は別々の日に選考会が行なわれていたため、このようなことも可能だったのだ。②映画『砂の器』で音楽を担当した芥川也寸志の没後の1990年、彼を記念してサントリー音楽財団が新進作曲家を対象に創設した賞。ただしさすがに「芥川賞」ではなく、「芥川作曲賞」という名称がつけられた。③おそらく日本において、親子でその名を冠する賞が設けられているのは、いまのところ芥川龍之介とその三男である芥川也寸志ぐらいではないだろうか。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::芥川也寸志

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::松本清張

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇