Hatena::Groupsubhyon

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::食堂車

リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::食堂車

食堂車【しょくどうしゃ】①今西・吉村両刑事が羽後亀田から帰京する際、急行「鳥海」の食堂車で偶然にも和賀英良を目撃する。ただし彼が事件の容疑者だということに、刑事ふたりはまだ気づいていなかった。②列車のスピードアップで所要時間が短縮されるとともに、食堂車は全国の鉄道路線からだんだん姿を消してゆき、現在では本州と北海道を結ぶ一部の夜行列車にしか存在しない。③なお、かつて「鳥海」が走っていた路線は、現在では秋田新幹線「こまち」が走っている。

 →リスト::天使の辞典::『砂の器』篇::羽後亀田

 (リスト::天使の辞典::『砂の器』篇