Hatena::Groupsubhyon

京本政樹

京本政樹

【きょうもと-まさき】①歌手、シンガーソングライター ②「哀しみ色の…」「おんなは海」 ③時代劇俳優、バラエティタレント、特撮評論家、デザイナー ④歌手としてスカウトされ、ソニーで修行中に郷ひろみの「ハリウッド・スキャンダル」のタイトル案が採用になる。のちに俳優としてスカウトされソニーから与えられていたアパートを夜逃げ。/『草燃える』(NHK大河ドラマ)、『男たちの旅路 車輪の一歩』、『里見八犬伝』(角川映画)、『必殺仕事人V』と時代劇スターの道を駆け抜け、コンサート活動も行うが、怪我治療の事で事務所と揉め独立、10年以上京都から干されバラエティタレントに。/本人プロデュースによるアルバムを多数リリース。/秘密兵器であった息子・京本大我がジャニーズ入り。

 凡例:①音楽家としての属性②代表曲③副業④その他情報

 (リスト::天使の辞典::サブカルミュージシャン篇

【きょうもと-まさき】①異端時代劇俳優 ②『必殺仕事人シリーズ』『家なき子』 ③もともとソニーから歌手としてデビューさせるべく準備していたが、方向性に疑問を感じたのと、大河『草燃える』で小姓役に抜擢されたのをきっかけに、ソニーが与えてくれたアパートを「夜逃げ」し時代劇の道へ。『銭形平次』の大川橋蔵に可愛いがられ、角川映画『里見八犬伝』の犬塚信乃役で一般に知られ刑事ドラマ、『ザ・新撰組』『必殺シリーズ組紐屋の竜役でブレイクした。この“刑事ドラマ~必殺シリーズ”という路線は沖雅也三田村邦彦と同じレールである。その後、得意の作詞・作曲を生かした音楽活動も展開、まさに人気絶頂期に映画『必殺・ブラウン館の怪人たち』で転落、骨折。きちんと治療しないと一生後遺症が残る、と言われたのに無理をさせず仕事を入れる事務所と決別し、フリーとなる。が、規律の厳しい時代劇の世界、以後何十年と京本は京都から干される(東映系の時代劇には出ることができた)。/仕事がなくバラエティ番組に出たところ、マシンガントークが受け、トーク番組でも起用、野島伸司脚本の荒唐無稽部分も一手にひきうけた。『高校教師』では時代を先取りした生徒をレイプする教師役を熱演。/10年付き合った彼女と結婚、9ヶ月で離婚する。数年後元女優と結婚、息子・大我は現在ジャニーズジュニアで活躍しているが、あまり似ていない。/デザインに造詣が深く「メークボックス」「皮ジャン」「ウルトラマン模型」「ギター」「アクセサリー」など何でもデザインし、いくつか特許をもつ。特撮デザインに詳しいがヒーローや怪獣オタクではない、らしい。

 凡例:①属性②代表作③解説・情報

 (リスト::天使の辞典::サブカル俳優篇

* はてなダイアリーキーワード:京本政樹