Hatena::Groupsubhyon

吉本興業

吉本興業

【よしもとこうぎょう】①関西の子供たちのあいだでは「吉本に行け」といえば、「サーカスに売るぞ」とほぼ同義。②養成学校を設けて莫大な資金を得るというシステムを、ほかの芸能事務所に先駆けて整備。③大阪の主要なコウギョウ。④90年代以降、吉本的な笑いは関西のみならず、日本全国に定着した。ボケとツッコミ、オチ、ノリツッコミ、あるいは「(話が)すべる」といった、もともとは業界用語だった言葉が一般的に使われるようになったのは、明石家さんま島田紳助、ダウンタウンをはじめとする吉本芸人の貢献大。反面、若い世代を中心に、コミュニケーション上、笑いが半ば強制されるようになった(たとえば、オチのない話をすると、友人たちから非難される……というぐあいに)ことも否めまい。笑いとは本来、社会の潤滑油となるべきもののはずだが、何においても笑いが求められる社会というのはかえって生きにくい。

 (リスト::天使の辞典::サブカル集団篇

* はてなダイアリーキーワード:吉本興業