Hatena::Groupsubhyon

坂本龍一

坂本龍一

【さかもと-りゅういち】①音楽家。②「自民党政策新人類」の一人・塩崎恭久は都立新宿高校時代の同級生。塩崎が米国留学中には、ロックのレコードを送ってもらっていたとか。③高校時代には学生運動も経験。しかし校長室のバリケード封鎖の当日には寝坊して遅刻、「母親が起こしてくれなかった」と言い訳。④愛称である「教授」はYMO時代に高橋幸宏が命名したもの。⑤YMO~『戦メリ』を経て世界へ躍進。アカデミー作曲賞、バルセロナ五輪開会式でタクトを振るなど大舞台に立つ。⑥お父さんは河出書房の名編集者・坂本一亀

 (リスト::天使の辞典::サブカル淑女紳士篇

【さかもと-りゅういち】①キーボード、ボーカル、作曲家、アレンジャー、プロデューサー ②「千のナイフ」「ジ・エンド・オブ・エイジア」「ライオット・イン・ラゴス」「東風」「テクノポリス」「NHK教育テレビ『YOU』オープニングテーマ」「い・け・な・いルージュマジック」「雪列車」「メリークリスマス・ミスター・ローレンス」「セルフポートレート」「黄土高原」「バレエ・メカニック」「オネアミスの翼」「くちびるNetwork」「ラストエンペラー」「シェルタリングスカイ」「ハートビート」「スウィート・リベンジ」「美貌の青空」「1919」「LIFE」「御法度」ほか多数 ③俳優、出版社「本本堂」代表、ロハス運動家 ④教授という愛称をつけたのはYMOでの同僚・高橋幸宏。/東京芸大大学院時代に手がけた「…分散・境界・砂…」などの作品はバリバリの現代音楽で実験的なものだった。/それと並行してスタジオミュージシャンとしての活動を開始、ポップスの世界へ。/本人いわく「アカデミズムの世界ではポップスの人間として扱われ、ポップスの世界ではアカデミズムの世界の人間として扱われる」。/その歌唱力ゆえか、YMOで「君に、胸キュン」を録音した際、ボーカルから外されたことも。/最近はPSE法六ヶ所村核燃料再処理施設、下北沢再開発などに対して反対表明を行なうなど社会活動家としての動きが目立つ。やはり全共闘世代の血がうずくのか。/第三次小泉内閣の外務副大臣(本辞典作成時。現在は安倍内閣の官房長官)である塩崎恭久とは都立新宿高時代の同級生。米国留学中の彼から洋楽のレコードを送ってもらったりしていたらしい。女性関係をめぐって絶交していた一時期もあるようだが、その後和解し、塩崎が衆院選に初出馬した際には応援演説までしたという。/2002年、前年の9・11同時多発テロ、米国のアフガニスタン侵攻に対し、書籍『非戦』を監修。裏表紙の「NO WAR」という言葉は話題となった。なお、刊行当時、矢野顕子との夫婦関係が完全に「冷戦」状態であったことも特筆すべき事実である。/矢野顕子とはとっくに離婚したと思っていたが、2006年末に長年の協議の末離婚届が出されたとの報道が流れ、その事実よりもまだ夫婦だったということに驚かされた。

 凡例:①音楽家としての属性②代表曲③副業④その他情報

 (リスト::天使の辞典::サブカルミュージシャン篇

* はてなダイアリーキーワード:坂本龍一