Hatena::Groupsubhyon

小特集「月九ドラマ『西遊記』」

小特集「月九ドラマ『西遊記』」

目次

 各記事の初出は『サブカル評論第9号(2005年12月)。同号の発行時期から気づかれた読者諸氏もいらっしゃるかと思うが、この小特集はフジテレビの月九版『西遊記』の放映がはじまる前に組まれたものである(ドラマの放映開始は同号発行の翌月)。その点を念頭においたうえで各記事を読まれたい。

はじめに(万里小路信房)

 今年一月より月曜、九時より放映された『西遊記』は様々な社会現象を巻き起こした。我々サブカル評論も問題の作品に対し我々なりの評論を行うべきではないかと考え、遅ればせながら今回小特集とすることになった。今回の『西遊記』が従来の『西遊記』と異なる点は、視聴者の問題意識のあり方によって、解釈の仕方が多様であることである。僕の評論と逆叉氏の評論とではこれが同じ作品に対する評論とは思えないほど内容がかけ離れている。しかしそのことこそが今回の『西遊記』が豊穣な物語であったことを強く語っているのではないだろうか。

 また今回は二本の評論のほかに、放映前から本作品に期待を寄せていた肉氏が見聞した『西遊記』予告篇制作発表の様子も掲載した。このような記事は他紙では見られないものであると自負している。まだ社会現象を巻き起こす前の、嵐の前の静けさのようなものを、是非感じ取ってもらいたい。

月九ドラマ『西遊記』論(万里小路信房)

 今回の『西遊記』(単に『西遊記』とする)では三蔵法師と孫悟空の関係に焦点が当てられ、猪八戒や沙悟浄の動きがなおざりにされたのは話数の都合があるとはいえ残念なことである。だがそのことによって三蔵法師と孫悟空の関係は今までになく、濃密に描き出すことに成功したといえる。

続きを読む

「本篇を超える内容を」――『西遊記』予告篇制作に意欲(肉十八)

 平成十八年一月より、満を持してラジオたんぱ及び系列局で放送される月九ドラマ『西遊記』。その「予告篇」の制作発表会が、三十日都内某会場にて行われた。

続きを読む

アジアの現状に真正面から立ち向かった新たな『西遊記』の誕生!(逆叉鈍甲)

 フジテレビで二〇〇六年の年頭より月曜夜九時、いわゆる月九枠でドラマ『西遊記』が放映された。筆者は、どうせ往年の名作ドラマの焼き直しだろうとたかをくくって見はじめたのだが、予想をはるかに越える展開に気がつけば全話を通して見てしまった。これほどテーマに社会性・歴史性をもちあわせ、なおかつエンターテインメントとしても練られたドラマは近年稀ではないだろうか。

続きを読む