Hatena::Groupsubhyon

愛染恭子

愛染恭子

【あいぞめ-きょうこ】①元祖本番女優 ②『白日夢』 ③あれ、日本映画で公式(ってのも何か変だが)に“本番”を披露した女優って、『愛のコリーダ』の松田英子じゃないの? と思って調べてみたところ、『愛のコリーダ』(1976年)はフランス資本で撮られた映画なので、厳密な意味での日本映画における“本番”撮影は『白日夢』(1981年)ということになるらしい。で、この映画で佐藤慶相手に“本番”を行なったのが愛染恭子だったというわけである。松田英子が『愛のコリーダ』出演後すぐに映画界から引退してしまったことを考えると、40代後半の現在も活躍を続けている愛染こそまさに「元祖本番女優」を掲げるにふさわしいといえるだろう。/映画デビュー前は、青山恭子という名前で自販機本などのグラビアモデルとして活躍していた。当時自販機本の編集に携わっていた関係者によれば、モデルとしてはあまりパッとした存在ではなかったらしい。/2007年4月、中学3年の姪に対する傷害容疑で、実母と実兄とともに逮捕される(即日、罰金を納付して釈放)。姪が愛染の知人と交際していたことがわかり、それを母と兄とともに咎めているうちにエスカレートしてしまったらしい。知人はもともと愛染の愛人だったとの情報も流れ、さまざまな憶測を呼んだ。当事者が愛染だけに、おそらく世の多くの人が、ポルノ映画まがいのストーリーを勝手に思い描いたことでしょう。

 凡例:①属性②代表作③解説・情報

 (リスト::天使の辞典::サブカル俳優篇

* はてなダイアリーキーワード:愛染恭子