Hatena::Groupsubhyon

東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワローズ

【とうきょうやくるとすわろーず】①日本プロ野球界におけるサブカル球団。「読売ジャイアンツと同じ東京に本拠地を置くセントラル・リーグの球団」というポジションからしてサブカル的。本拠地である神宮球場はそもそも東京六大学野球の開催球場であり、球団史上初めて迎えた日本シリーズでは、ちょうど六大学野球の秋季リーグの最中で神宮が使えず、やむなく後楽園球場を借りてホームゲームを行なったというのも、サブカルっぽい。②著名人のファンも、井上ひさし、村上春樹、いしいひさいち周防正行、羽田健太郎、宮沢章夫、渡辺祐、正狩炎、高田文夫と妙にサブカルチャー系がそろう。③村上春樹が、1978年の春、神宮球場での広島・ヤクルト戦で、ヒルトンが二塁打を放ったのを見て、ふと小説を書こうと思い立った、という話は春樹ファンのあいだでは有名。ちなみにこのシーズン、スワローズは広岡達朗監督の指揮のもと、球団史上初めてリーグ制覇・日本一を達成している。④いしいひさいちの『おじゃまんが山田くん』などに登場する熱狂的スワローズファンの岡田さんは、実在したスワローズの応援団長。⑤1950年、国鉄球団として発足。セ・リーグではもっとも若い球団。当初は愛称をコンドルズとなるはずだったが、「混んどるず」ではまずいということで「座ろうず」になった……というのは定番ガセビア。実際は戦前以来の国鉄の花形特急「つばめ」からとったもの。「つばめ」という列車名も東海道本線の超特急から、新幹線開通前夜の山陽本線の特急、鹿児島本線の特急の愛称と転々としたのち、現在は東京を遠く離れて九州新幹線の愛称となっている。⑥1978年の優勝以前は、国鉄スワローズ時代に不滅の400勝投手・カネやんこと金田正一を擁したものの、長らく広島東洋カープとともにペナントとは無縁の球団だった。⑦国鉄が手放したのち、1965年にサンケイ新聞(現・産経新聞)が買収。翌年には愛称をスワローズからアトムズに変更、以後1970年にオーナー会社がヤクルトに変わってからも1973年までこの愛称を継承。1969年のシーズンにかぎり企業名も地名も冠せず、アトムズと愛称だけ名乗ったのは戦後唯一の例(戦前はライオンとイーグルスの例がある)。⑧アトムズの愛称は、フジサンケイグループの一角、フジテレビで当時放映されていたアニメ『鉄腕アトム』から。既存のキャラクターがプロ野球球団の愛称にとりあげられた唯一のケース。⑨フジサンケイグループはもともとマスコミ業界における反共の牙城として鹿内信隆を中心に形成されたものだが、共産党のシンパで思想的には正反対であった手塚治虫とサンケイが結びつくというのも何とも……。もっとも手塚はこのあとも、堤義明の西武ライオンズのマスコットとして『ジャングル大帝』のレオ(というかパンジャ)を提供しているわけだが。⑩アトムズ時代のユニフォームは、VANヂャケットの石津謙介がデザイン。「ATOMS」のロゴはグラフィックデザイン界の大御所・亀倉雄策が手がけ、ユニフォームの左腕にはアトムのワッペンもつけられた。石津・亀倉・手塚という各界の巨匠が顔を合わせたとは豪華。復刻したら結構売れそう。⑪1978年に優勝してからのちは、また暗黒時代が続く。1990年に野村克也が監督に就任。1992年に久々の優勝を果たしてからは、常勝球団となる。電気グルーヴがそれにあやかって(?)、全国ツアーのタイトルを「野村ツアー」と名づけた、なんてこともありました。⑫2005~06年にはグラビアアイドルの磯山さやかが球団公認の女子マネージャーを務めた。2007年はグラドルの相澤仁美をリーダーに、現役女子大生の秦麻里子、中山静香、福田萌で構成された「つばめッ娘クラブ」が公認サポーターを務めている。現在フジテレビでは、「つばめッ娘クラブ」のメンバーが出演する、スワローズの応援番組『スワローズCafe』が毎週火曜昼11時25分から五分間、ひっそりと放映中。

 (リスト::天使の辞典::サブカル集団篇

* はてなダイアリーキーワード:東京ヤクルトスワローズ