Hatena::Groupsubhyon

舞坂町

舞坂町

【まいさかちょう】①三崎亜記の小説『となり町戦争』で、隣接する「となり町」と公共事業として戦争を行なう町。②同作の主人公である会社員は、舞坂町役場の女性職員とともにとなり町に潜入、諜報活動などを行なう。③作者自身も福岡県在住の地方公務員であるためか、手続きの取り方などに関する記述がやけにリアル。④同作以外にも、舞城王太郎の「西暁町」といい、阿部和重の「神町」といい、最近30代作家のあいだでは「町もの」が静かなブーム?

 (リスト::天使の辞典::サブカルスポット篇