Hatena::Groupsubhyon

藤圭子

藤圭子

【ふじ-けいこ】①歌手 ②「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」「女のブルース」「京都から博多まで」「はしご酒」 ③女優、宇多田ヒカルの母 ④西田佐知子が60年安保の時代の歌姫なら、藤圭子は70年安保の時代の歌姫であった。/浪曲師の父、瞽女の母とともに北海道・東北一円を流して歩いていたという。それを思えば、宇多田照實とのあいだに生まれた一粒種・ヒカルもジャンルこそ違え、小さい時から両親と音楽活動を行なっていたわけで、似たようなものだろう。/中山千夏が藤と化粧室で一緒になった時のこと。鏡に向かい念入りに目張りをしたあと、振り向いた藤は「どう、哀愁の瞳になったかしら?」と訊いたとか。怖いよ怖いよー。/1979年に一旦引退したが、その後一瞬「藤圭似子」の名で復活している。それにしても「藤圭似子」って、物真似芸人のような芸名だな……。/赤塚不二夫のマンガで「ホッカイローのケーコターン」というギャグがあり、その元ネタは藤圭子だという説も流れていたが、どうやらガセらしい。

 凡例:①音楽家としての属性②代表曲③副業④その他情報

 (リスト::天使の辞典::サブカルミュージシャン篇

* はてなダイアリーキーワード:藤圭子