Hatena::Groupsubhyon

高野文子

高野文子

【たかの-ふみこ】寡作ながらも作品を発表し続ける(しかもイラストやアニメ、あるいはタレント活動など副業に手を染めることなく)「消えないマンガ家」。才能のある作家には大量の仕事が舞い込み、それをこなせる者だけが生き残るという日本のマンガ界にあって、彼女のように自分のペースで仕事を進められるというのは稀有な例だろう。代表作に『絶対安全剃刀』『おともだち』『黄色い本』など。

 (リスト::天使の辞典::サブカルマンガ家篇

* はてなダイアリーキーワード:高野文子