Hatena::Groupsubhyon

松原メンバーの過去原稿

2007-08-19


落語とお金~江戸のアメリカンドリーム?!    11:45


今回、「落語とお金」というテーマで書こうと取り組んでみた所、お金が絡む噺の多さに驚いた。

そば代の勘定をちょろまかす『時そば』、寝言でも金が欲しいと叫ぶ船頭が出てくる『夢金』、ボロ同然の物が実は高値であるという『井戸の茶碗』、売り上げ金の小判を女房の前で積んでゆく『火焔太鼓』、宴会費用を「あとはどがちゃがで」とごまかす『味噌蔵』…今まで気づかなかったが、落語とはすべからく「金=人生」を扱ったドラマなのである。

ではあらためて、お金の視点から古典落語を紐解いてみよう。

◆イントロダクション◆

江戸時代は260年間も続いたので、通貨の統一が難しい。今回解説中の換金は、多くの落語・江戸研究家がよく使うテの「そば一杯の代金十六文」を参考にした。(大体三百二十円前後として、一文二十円程度)正確ではないが、なんとなくこの位、という目安にして頂きたい。

また、江戸では金、銀、銅(銭)の三貨が流通しており、江戸では主に金の小判(一両)、

二分、一分、二朱、一朱などの単位が使われていた。(一両=四分=十六朱=約6万円)

これは、時代劇『必殺仕事人』にハマった時に知った。中村主水は一両二分などで殺しを請け負っていたが(基本的に仕事人は被害者に同情できればどんなに安くても殺害可である)危険を犯して六万とちょっと、というのは安い!しかし、毎週金曜日(番組放送時間)のアルバイトとしてはいいお金?そして、「銭形平次」の平次親分が投げたのは一文銭ではいかと思うのだが、敵(しかも雑魚)に二十円投げていたと思うとかっこ悪いですね。それにもったいないです。

◆一攫千金の噺◆

●芝浜 拾った財布に400万円入っていたという噺

酒好きの魚屋・勝五郎が浜で大枚(二分金貨で四十二両…約400万円)の入った財布を拾って帰るが、寝て目覚めると女房は「夢だ」という。そうだったか?と思い真面目に働いていたら、あれは事実で財布はお上に届けられていた。大金を手にして堕落しないよう夫を案じた賢い女房の選択だったのだ。金は貰える事になり、勝五郎は女房を許し、祝いの酒を飲めと言われるが「夢になるといけねえ」と拒む。

●文七元結 見知らぬ人に500万円ぽんとあげちゃう噺

博打ばかりでとうとう一銭の金もなくなった左官の長兵衛。娘・お久は両親のため吉原に身売りに行く。親思いのお久に感動した角海老遊郭のおかみは、娘を生娘のままお茶・三味線を仕込んでやるから、この金を元で立ち直れと五十両(約500万)を貸す。ただし、期限切れまでに博打をやめなかったら心を鬼にして娘を花魁にすると言われて帰る道すがら…五十両を無くし大橋で身投げしようとした文七に出逢い、人助けのためそっくり渡してしまう。(どうして渡すかな)文七の五十両は奉公先に届けられており、金は戻り娘は文七と結婚し有名な元結屋になる、という噺。

●火焔太鼓 二万五千円で仕入れた太鼓が、鑑定結果約三千万!

商売の才覚を持たぬ古道具屋甚兵衛。いつも女房に小言ばかり言われている。ある日一分(約二万五千円)で仕入れた太鼓を、埃をはたくため奉公人の定吉が叩いていたら、その音を目利きの大名に聴かれ、三百両(約二千八百八十万)で買いたいと言われる。

町人が正装をして城に行き、すったもんだの果てに三百両手にしたのを、じらしつつ百両ごとに女房に見せると、女房の腰が抜ける。

これらの噺は「貧乏な男がひょんな事から大金を手にするという」プロットを持つ。

まるでアメリカンドリーム…江戸もアメリカも、都会に出た人間が望むものはひょんと手にする大金だということか?!

(他に、無一文の泊まり客がなけなしの金で買った「冨くじ」が当たる「宿屋の冨」、「一分が千両」(二万五千円が九千六百万円)の当たり富くじが火事で燃えてしまうが、親切な人が家から持ち出してくれていた神棚の中に入っていて取り戻す「冨久」がこの傾向にある)

◆金と人間性の噺◆

●夢金  頭の中は一千万でいっぱい

寝言でも「百両(一千万)欲しい~」と叫んでいる船頭、・欲の熊蔵が雪の夜、芝居見物帰りの兄妹を船に乗せる。よく見てみれば、兄は浪人、娘はお嬢様風である。訳をきくと、娘は駆け落ちに失敗した大店の娘で、浪人が騙して船に乗せた。ふところに大金を持っているので、これからどこかで殺して金を山わけしようと持ちかけられる。普段は欲の塊である熊だが、やはり悪事はできぬと、機転をきかせて浪人を引き潮の丘に置き去って娘を助ける。お礼に望み通り金百両を貰うが、これは夢だった、という噺。

●紺屋高尾 恋の一念が実る、江戸の格差婚

真面目な紺屋職人の久蔵がある日見かけた傾城の花魁高尾太夫に本気で惚れてしまう。

二度と会えぬとふさぎ込み、恋わずらいになった久蔵に親方は「高尾とて売り物、十両(約六十万円)あれば会える」と教える。その言葉を信じた久蔵、月三両(約十八万)の給金を三年貯めて九両にし、親方がくれた一両を足し十両にして会いに行く。ひと晩で真摯に思いを告白。高尾はその気持ちに応え、年が明けたら久蔵の妻になる事を約束する。六十万は一夜で使ってしまうが、高尾が嫁に来てくれたのだから…プライスレス。

●黄金餅  飲み込んででも金とあの世へ

病気になった僧侶西念。同じ長屋の金兵衛が「何か食べたいものはないか?」ときくと、

餡子入りの餅を希望した。「人前では食べたくない」という西念を不審に思い障子に穴をあけて覗くと、なんと大量の硬貨を餅にくるんで食べている。そのうちに喉をつまらせたので「吐き出せ」と言うが、吐き出さずに死ぬ西念。金兵衛は腹中の硬貨をなんとか自分のものにしようと、木蓮寺に運び腹の部分を生焼けにするよう指示して、後に包丁で取り出してゆく。その金を元でに目黒に「黄金餅」という餅屋を開き、店は繁盛する。

●千両みかん 番頭はみかんを食べたのか

大店の若旦那が臥せってしまい、医者に見せても病の理由がわからない。

若旦那は季節はずれの「みかん」を食べたいと思いつめるあまり寝込んでしまったのである。わけを聞いた番頭が、炎天下の中狂人扱いされながら探しあるくと、天満の市場にひとつだけ蜜柑問屋がある。季節はずれにみかんを求める客のため、そっくりとってあったみかん船を総ざらいし、たったひとつだけ出てきたみかん。「あげる」という問屋にそうはいかぬと番頭が言うと、「値段をつけるとしたら値千両(約九千六百万)」と言われてしまう。可愛い息子の命には代えられぬと、千両を出す親。番頭は、若旦那が食べ残したみかんの「ふさ」みっつを、「自分が一生手にできない金だ」といって盗んで逃げてしまうのだった。

これらの噺の人物は、金と人とのかかわりを描いているが、『黄金餅』以外は大金を手にできない。『千両みかん』の番頭にいたっては、ただの生ゴミを盗んで逃げてしまう。

通常、説法や童話では「いい行いが報われる」さまを描くのが目的だと思うが、落語はそうではない。、餡子に包んで飲んでまで金をあの世に持って行きたいという心理、死んでも金の餅を吐きださなかった執念、見たからには自分のものにしようと腐心する人間の業が肯定されるのである。


(初出『サブカル評論』第13号 2007年8月)

MulgarathMulgarath2012/04/15 10:48Thanks alot - your answer solved all my porbelms after several days struggling

2006-12-31

miyurin20061231

名曲で綴る松本零士の世界 22:58

 2006年10月中旬、テレビCMで使用された槇原敬之作詞の歌詞に対し「僕の言葉を奪われた」として漫画家の松本零士が著作権侵害を訴えた。騒動は和解の方向に向かうとみられたがドロ沼化、結局裁判で決着をつけようという事になったらしい。それもそのはず、松本零士といえば「宇宙戦艦ヤマト」の原案者でプロデューサー・西崎義展から権利を奪おうと積極的に法的手段に訴えてきた過去があり、裁判に敗れてもいまだに不服を申し立て権利を主張しつづけている。一方の槇原は覚せい剤取締法違反での逮捕と前事務所社長による事務所運営費横領事件のさいに、弁護士とのパイプが出来ている。

 普通の人間は裁判など、できれば関わらない事を望むと思うが、「裁判に勝つ」という体験をしたものは何度でもその美酒を味わいたいと思うのか、すぐに法廷に持ち込もうとする傾向があるようだ。

特に作家・作曲家など才能で商売している者にとって、勝訴は「形の無いものが法律で守られた」という絶対的安心感をもたらしてくれるものなのかもしれない。

この決着については高見の見物をつづけましょう…という事とさせて貰い、ここからは松本零士の妄想宇宙から産み出された名曲の数々を紹介したい。

「宇宙戦艦ヤマト」の未曾有のヒットにより、各メディアが松本零士の作品を争ってアニメ化した。

ヤマトのキャラクターとメカデザインを担当した松本零士であるが、大手出版社に連載し量産するタイプの作家ではなかったため、作品が少なかった。というか、完結した長編漫画作品など、当時皆無だったのではないだろうか。

仕方なく「主要キャラクターとメカ、そして原案」だけを頂き、各アニメ会社が次々と作品を発表していった。

(これらの成功と権利発生が、のちに松本に「ヤマトもオレが考えた」という錯覚を抱かせたのかも知れない)

アニメ番組にはオープニングとエンディングにそれぞれ曲がつくものだが、松本アニメのキャラクターは作品中よく歌をうたったので、「挿入歌」が必要となった。

おなじみの長身・長髪・痩身の切れ長の瞳の女性たちが歌う挿入歌は叙

情的で、通常のアニメソングのような

「フレンダージェット!」(人造人間キャシャーン)や

「オレは涙を流さないダダッダ~!ロボットだから マシンだからダダッダ~!」

(マジンガーZ)

等のバカ明るい歌に飽きていた子供たちの心をがっちりとつかみ、挿入歌ながらそこそこにヒットしたのである。

●やさしくしないで(作詞・中村葉子 作曲・中村泰士)

映画版「銀河鉄道999」で、時間城の魔女・リューズが歌った歌。

f:id:miyurin:20080402225829j:image


♪壊れたおもちゃ箱を子供みたいに抱え込んで

「リューズ」は時間を操ることのできる魔女で、中島みゆき的なキャラで、哀愁をおびギターを弾いて歌う「うらぶれた飲み屋」系の女であった。

歌ったのはかおりくみこというアニメ歌手。

小野木久美子の本名で「なんたって十八才」のヒット曲があったがかおり名義でアニメジャンルに転向、女性キャラクターの挿入歌分野でおおいに活躍した。

「Lはラブリー」「エリカのバラード」「ミーメのエレジー」など歌った曲は多いが、現在のアニメソングコンサートには出ていない。

だが当時はアニメイベントに出場し、この曲も「リューズのテーマ」というタイトルで歌われていた。

好評を受けのちに「やさしくしないで」というタイトルでシングルカット。

私も即ドーナツ版を購入した。

●想い出なみだ色(作詞・山浦弘靖 作曲・平尾昌晃)

f:id:miyurin:20080402225551j:image

「やさしく~」の中ヒットを受け、銀河鉄道999のテレビスペシャルにリューズが登場する事となった。

が!リューズは映画版で死んでしまっているので、苦肉の策として「リューズの妹・レリューズ」というキャラが創造された。

そしてレリューズの声はかおりくみこが担当。新たに「想い出なみだ色」という曲がつくられ、今度は最初からシングル発売された。

(もちろん即購入した)

「やさしく~」のジャケットは、映画の本篇の中でも酒場で歌うリューズの小さなカットだったが、

「想い出~」は描きおろしイラストである。

本篇でもレリューズの登場と、時間城の崩壊とともに朽ちていくシーンで

たっぷりと流れていた。(ほとんどプロモーションアニメである)

♪時の流れに 身をまかせ 小舟のようにさすらうわたし

のちに武内直子著「美少女戦士セーラームーン」に時間を操れる冥王星のセーラー戦士・セーラープルートというキャラが登場するが

このキャラの雰囲気と悲劇的な設定はリューズ・レリューズ姉妹が元ネタとなのではないか?と筆者は踏んでいる。

●太陽は死なない

映画「わが青春のアルカディア」で、松本零士一のオリジナルキャラクター「キャプテンハーロック」の愛した女として登場するマーヤが歌った曲。

パルチザン活動を続けるハーロックを支える地下放送のパーソナリティで、戦士をはげますためギターを抱え歌う。

歌ったのは雪村いずみの娘で当時モデル活動をしていた朝比奈マリアであった。

朝比奈マリアは芸能活動に入る前「ベルサイユのばら」の著者・池田理代子にアシスタントとして弟子入り志願していたが、

「あなたのような美しい人が家に篭って漫画を描いてはいけない」と断られたという。(TV番組のインタビューで池田・朝比奈が登場してこのエピソードを披露していた)

その後、朝比奈は二科展にも入賞するほどの絵の腕前も披露するが、現在はそーか学会関連の活動に心血を注いでいるらしい。

(どっちにしてもイケダ先生を崇拝しているのか)

太陽は死なない

作詞 山川啓介 作曲平尾昌晃

♪夜が続いても 太陽は死なない


絵の場面と曲からは、ヨーロッパ内戦時代の雰囲気を感じる。

これも、松本零士の作品世界を表現した名曲であったが、「わが青春のアルカディア」は松本零士ブームが終わったあと企画された

作品だったので、映画も曲も「999」ほどのヒットはできなかった。

が、ブーム時につくられた作品の曲を集めた「松本零士の世界」という二枚組アルバムが日本コロムビアから発売され、

CDでもリバイバルされているので、珠玉の名曲をおたのしみ頂きたい。





(初出『サブカル評論』第11号2006年12月)

女性向け エロ・マンガのゲンバ 12:33

 今回の特集は「エロ」という事なので、女性マンガ市場に絢爛に咲き乱れたる「エロマンガ」の現状を報告したいと思う。尚、本稿執筆にあたり、実際にエロマンガジャンルで作家活動をしている友人や、エロゲームのシノプシスを書いている友人に取材を試みようとも考えたが、作り手の意向よりも、消費されている作品と対峙して読み取れるものを書きたいと思い、これはやめにした。

性描写主体のエロマンガとしての次世代レディコミが登場したのは八五年、現在もこのジャンルの中心的出版社である笠倉出版の「La comic」(現休刊)、祥伝社「FEEL」(現休刊)等であった。

以降、セックスそのものが主体であり、読者が女性に限定される女性向けエロマンガは、月間なんと22冊前後もの雑誌が発行されているのであった。

それでは、これらの雑誌の作品・描き手はどのようになっているのだろうか。

今回は

笠倉出版「プチ」

セブン新社「イフ」

宙出版「アヤ」

をサンプルとして検証していこうと思う。

・笠倉出版「プチ」

表紙 神葉理世(エロマンガの描き手は、AV、風俗、そして宝塚歌劇の芸名と同じく

非現実的な名前が多い。この傾向はボーイズものにも見れる)

表紙絵柄 山盛りのフルーツに埋もれている半裸の女が、もの欲しげに林檎を齧ろうとしてる。白い髪、緑の瞳、赤いヘアバンド…レディースコミックというと大人の、怖い顔をした馬ヅラ系の絵を思い浮かべるかもしれないが、そんな事はなく、かなりかわいい絵柄である) 

アオリ(表紙文字) 「おもいっきりCUTE&H!シゲキ的恋愛マガジン」

「灼けつくカラダ 真夏のLOVE&H 夏恋来いスペシャル」

他に文字は作家の名前のみ。作品タイトルの表記は一切無しである。

f:id:miyurin:20070429154613j:image



巻頭カラー 紫賀サヲリ 「エキセントリックラバー」


エロマンガ雑誌の場合「巻頭カラーを取っている作家」が一番画力を持つ場合が多い。雑誌がうしろになればなるほど、というか二本目からさっそく、絵が下手である。

ストーリーマンガならば「個性」で読みとおす事ができるが、エロマンガの場合絵が下手だと「何をしているのか」よくわからないので、致命傷である。

この号の「プチ」は、紫賀サヲリ以外はお話にならなかった。紫賀は、話の展開には無理があるが、カラーページからヌードシーンを描いており、なかなかにポイントが高い。

話を「エキセントリック~」に戻そう。

なんと、カラー1ページ目から挿入シーンである。

十代と思われる二人がベッドの上で行為に及び

「や…だめっ、智輝くんもお…ふあああっ」(ぐちゅ)

と泣いている。

女は「ふああ」などと言って本気で感じ、泣いているが、男はポーカーフェイスである。

(この女が本気で感じ、男がポーカーフェイスというのは、このジャンルの重要なお約束である。行為に及ぶ二人ともが没頭していると、読者が投影する隙ができないからであろうか)

カラーは4ページあり、タイトルページの見返し部分は全身ヌードでからむ二人が描かれ、主人公のモノローグが始まる。

「私 美羽吉乃と 彼野崎智輝は 俗にいうセフレというやつです…ああああ」

(びく びくん)




しかし、次のページからはいたってフツーの少女漫画的なシーンが展開する。

「セフレ」だった二人が本当の恋仲になっていくストーリー。冒頭からセックスしているのだがキスはしていない。

本当の恋人になってはじめて二人はキスを交わし、乳房も愛撫する。このパターンも重要で、エロマンガは総ページ30ページ中セックスシーンが10ページ、たいてい最初は挿入、二人のエピソード、恋仲になってからキス、乳もみ、指入れ、秘部見せ、クンニ、バックというコースである。普通の行為とは逆だと思いますが…。(美しい表現を目指したのですが、こんなん書いてすいません、すいません)

担当編集者が作画者に「で、ここで、挿入とみせかけてクンニにいき、「だめ…そこだめえ!!」とか言わせてくださいよ!」などと指示し、言われた作画者が真剣にメモっているさまが目に浮かぶようである。

・セブン新社 「イフ」

表紙 杉本ふぁりな

表紙絵柄 「プチ」と同じではないか!と思う、緑の瞳の女がまたまたもの欲しげな視線をこちらに向けている。

脱いだ赤い紐つきサンダルを手にしているが、「赤いものをもて遊ぶ」というところもまったく同じである。

アオリ文字 「もえちゃう・恋体験・いっぱい」

「誰にも言えない禁断の関係」

「ひそやかに濡れる真夏の恋」

文字のオンパレードであるが、あとは作家の名前だけ。作品タイトルは無い。

そしてこちらのカラーページは、「読者プレゼント」のみかえしはなんと「別冊の予告」であった。同じく杉本ふぁりなによる、「緑の瞳の女がもの欲しそうな視線で…」以下、略!

f:id:miyurin:20070429155057j:image


巻頭カラー作品は真條りの「恋は痛く あまく」。

こちらはヌードではなく普通の少女マンガ風。次のページは、紙がアート紙っぽいカラー仕様であるのに、まさかの一色原稿であった。どれだけお金かけてない雑誌なのだ!!

エッチ開始は6Pまで待つ。主人公・奈美は前の彼と別れて以来、同級生のホスト・桐野くんと同棲している。

「私には 彼氏じゃないけど エッチする相手はいる…同級生の桐野くん。職業ホスト」

桐野「そろそろ付き合ってよ美奈ちゃん」

奈美「ヤダ。いつも言ってるでしょ私ホストやってるような人イヤだって」

桐野「本当にイヤなら拒んでよ…俺のこと」

奈美「あ…」

付き合わない、と言っておきながらいきなり挿入許可である。

桐野「俺のことどう思ってんの?答えて美奈…」

奈美「ああっ、そんなに(指を)動かさないで…っこんなふうに焦らされたら…」

結局桐野はホストをやめ、ハッピーエンドに…って、これぞヤマなし、意味なし、オチなし、エッチありのしょーもないマンガである。が、絵はなかなかに上手かった。



この雑誌、表紙と真條りの以外は本当に上手くなく、話もつまらなかったが、ある特徴があった。

男性キャラの名前が、「亮太」「颯太」など、「太」がつく名が多かったのである。

これは、あまり頭のよくなさそうな…温かみのある名前だからかと思っていたが、ひょっとして「太い」という事を暗示する為だろうか…まっ!お下品ね!考えすぎ、考えすぎ!

・宙(そら)出版「アヤ」

表紙 ふみづき杏美

表紙絵柄 男女が見つめあっている顔のアップ。実はこの号はクリスマス時期に購入したので、前出の二冊とは時期が違う。この時期の別の雑誌の広告を見てみると…。

げっ、また杉本ふぁりながみつめあうカップルの絵を描いていた。表紙絵柄協定でもあるのだろうか。

アオリ文字 2007年 メロメロHがイイんじゃない?

この雑誌は、一般の少女マンガと同じく、「作品名・作家名」表記であった。

そして、描き手もみな上手で、バランスがよかった。元祖レディースコミックの流れをくむ正統派エロマンガ雑誌といえるかもしれない。


f:id:miyurin:20070429155127j:image

平均的に上手かったので、今回は巻頭カラー作品ではなく、中ほどにあった松藤純子「ロマンスの神様」を取り上げる。

画風は酒井美羽に似ているが、たいへんに画力のある作家だと思った。

こちらも一ページ目は挿入シーンであるが、とにかく上手い。

前出の紫賀サオリ、真條りのらの絵は、子供っぽすぎず、色気むんむんでもなく、極端に巨乳でもなく上手いのだが、「挿入シーン」となるとからきし、駄目なのである。

紫賀はまさかの小コマ処理、真條はモノローグ重視で、絵に大きな写植をかぶせてごまかしており、それぞれ一回のみだ。が、松藤は大きなコマ割りで魅せる。全編34ページ中、セックスシーンは3回あるのだが、1回目1ページ、2回目5ページ、最後3回目は6ページにわたって描かれている。



冒頭、「あ~っ、嬉しい!大好きな彼が私の中に!もっと、もっとお…」と泣いてしまう美奈子。

これを元彼に淫乱だと吹聴され、性を楽しめなくなってしまう。そんな状態で新しく出会った洋介とも行為にいたるが、やはり自分を解放できない。やがて、二人は向き合う事ができ、真の喜びの頂点へ…。得意とみえて、挿入シーンは3回もあった。担当編集者が「先生はなんといってもファックシーンですよ!今回はクリスマス号ですし、3回イキましょう!ね」と言っているのが目に浮かぶ。

・貧困プレゼントの謎

そのほかの特徴としては、レディコミ・ティーンズものでまず目についたのが「懸賞プレゼントの安っぽさ」である。

商品は高いものなのかもしれないが、印刷の紙が安く写真がぞんざいなので、とっても貧乏くさく見えてしまう。

「プチ」では一等~三等バッグ(当選1名)、四・五等が財布(1名)、六等ヘア・アイロン(3名)、七等が香水(10名)だったが、一等のバッグはブランド物ではなく、どうみても四千円しないと思えるし、他の商品もイトーヨーカドーのワゴンで安売りしているようなものばかり。

f:id:miyurin:20070429155157j:image


「イフ」では一等がやはりバッグ(1名)、こちらはルイ・ヴィトンであるが、デニム生地である。二等が財布(1名)、三等がトートバッグ(1名)。そして四等はパナソニックのデジカメ(3名)であった。普通、ノーブランドの手提げより、デジカメの方が当選したら嬉しいと思うのだが。さらに驚いた事に、五等はソニーのネットワークウォークマン(3名)である。エロマンガ大好きな読者はデジカメ・ウォークマンなど興味ないのだろうか。

f:id:miyurin:20070429155255j:image


「アヤ」は、比較的ましで、一等ランジェリーセット(1名)である。作品とセレクト品にズレがなく、評価できる。


f:id:miyurin:20070429155320j:image


まあどちらにしても、エロマンガをたのしみにしている女性はひととき楽しみたいだけ、

プレゼント懸賞に応募したりはしないのかもしれない。

さて、本稿のためにはじめて購入してみたこのエロマンガ(本当ですよ)、どうやって捨てよう…。

(初出『サブカル評論』第11号、2006年12月)

AzizAziz2012/04/10 22:09That's a posting full of iinsght!

2006-08-13デジタルコミック最前線と、思い出のワープロ駆使時代

06年5月、ある漫画家さんの自宅にお邪魔した。

この方は来るべき出版不況に備え、年間2千万円以上かかっていた作画アシスタントへの給料仕事コストを廃止すべく、「作画のデジタル化」を試みている。

長期連載が終了し休筆期間に入ったのを機に、作品でよく使う背景(校舎・少女マンガにはつきものの大輪の花や花びらの絵、車、バイク料理など。主に20年近い漫画家活動の中でアシスタントさんに描いてもらったストック画)をスキャンしてナンバリングし、登場人物の表情や髪型も登録した。そして、40ぺージ程の短編からすべてデジタル化に移行して現在に至っているという。

使用するのは「コミックスタジオ」というソフトである。最初のうちこそ、原稿用紙に描いたエンピツ線をスキャナーで取り込んでペンタブでなぞっていたが、今では「紙に描くことはまったくなくなった」のだそうだ。まずソフトを立ち上げ、「原稿サイズ」と「エンピツレイヤ」を選択。イメージとしては、エンピツ線、主線、ベタ、トーンと透明フィルムを重ねていくように「レイヤー」を増やし、一枚の原稿に仕上げていく。

ComicStudioDebut Ver.3.0 Windows版

ComicStudioDebut Ver.3.0 Windows版

気に入らなければ一秒で消去、気軽に「元に戻す」事も可能だ。とにかく目にもとまらぬ速さで絵が出来てきてしまう。デジタルカメラ画像を取り込んで、白黒漫画のバック用にハーフ・トーン調にできる機能もある。手描きだとアシスタントさん一人がまる一日かかりっきりで描き上げなければならないものが、20分もあれば仕上がってしまう。

出来た原稿レーザープリンタで出力する。

漫画原稿用紙はそもそも上質紙であるうえスクリーントーンが貼られたり、切り貼りがしてあったりで意外に重く感じるのだが、デジタル出力すると驚く程に軽い。

それでも、主線やトーンの部分に指をあててみるとしっかり「デコボコ」になっていた。

「それにね」と、その人は言った。「昔は、仕事の途中でちょっと台所に立つとき手を洗っても、爪の先についた墨汁はなかなかとれなかった。でも、今はまったく汚れないの」

 そして今や、こういったツールもアマチュア用のものがあるのだ。「コミックワークス」は同人誌用の作画ツールで、機能はプロ仕様の半分であるがレイヤーを駆使して作画していく過程はまったく同じである。作家さんによっては、「同人誌用ツールのペンの当たりの方が自分に合っている」という「ワークス」派も多いらしい。

COMICWORKS Ver.2

COMICWORKS Ver.2



いいよなあ、今の子は。…つい、子供の頃におもいをはせてしまう。


 私が子供だったときはこんな道具はもちろんなかった。そして「まんがをGペンで描く」等という情報も公開されてはいなかった。12歳のとき、私は「どうやら、まんがは墨汁で描いているらしい」という事に気付き、広告の裏にはじめて墨汁で絵を描いた。しかしペンがなかったので割り箸の先をボンナイフで削ったものを使った。これじゃあ、細い線なんて無理じゃあないの。でも当人は満足してニコニコしていた。(しかしこんな時代でも、のちに漫画家になった同級生はすでにGペンで絵を描いていた。彼女には年の離れた兄がいたので、兄と同じレベル情報が入ってきていたのである。兄弟がいるってこういうときにいいよね)

 その後自然に私はまんがを描かなくなり、演劇ギターの練習に燃え青春時代だったのだが…。高校卒業時の誕生日に友人の秀子がクレヨンをくれたのである。高校3年生の友人に、クレヨンかよ!今もこの行動に関しては謎なのだが、これを貰った私といとこの尚子は冬休みの大半を「スケッチブックとお友達」状態で過ごす。以前よくやっていた家の手伝いもせずに2人でひたすら絵を描いていたので、母親に大ヒンシュクを買った。

絵が楽しくなった私は大学漫画研究部に入った。ヘタながらも漫画を描き、原作も作って友達に作画してもらった。が、漫画家になろうとは思わず…こんどは小説家になりたい!と思うようになったのである。

そして、女の18歳くらいといえば、人生における大エキセントリック期間だったのである。

友人のミカは言った。

「わたしには絶対に才能があるんだから。だからレコード(時代だ)を出すか、小説家になるまでは就職しないの。わたしはみんなとは違うんだから!」

しかし小説家志望のミカ不思議なことに最大でも八百字程度しか小説が書けないのである。大きな事を言っているくせに、ぜんぜん書けない女…。そんな友人をみると俄然張り切ってしまうのが私の性分である。私はミカの依頼で同人誌小説を書きはじめた。

が。この時大きな問題があった。ワープロを持っていなかったのである。


就職しない、と断言したミカには勝算があった。彼女は「超能力者になろうと思い」(!)某女子短大の心理技巧学科に行っていたのだが、デパート地下の食品売り場のバイトで乳製品を売りに売りまくり、荒稼ぎしていたのである。ステレオ着物エメラルドリングも毛皮も、「愛と青春の旅立ち」風パイロットジャンバーエレキギターも自分の小遣いで買い、遊びに遊んでいた。そしてある日、当時十万円程度のワープロを買ったので遊びに来い、と連絡があった。どーせ「操作を覚え、教えて欲しい」という事だろうと思ったけれど、「個人用ワープロ」に触れてみたくて駆けつけた。

ミカ宅の黒猫にまとわりつかれながら、彼女のベッドの上ではじめてみたラップトップワープロは、家庭用の体重計とほぼ同じ大きさだった。形も平たくて、まったく体重計にそっくり。体重が表示される部分液晶があって、そこに全角5文字くらいしか表示しない。今考えるとひどい代物である。打つ方は見えない部分を「予測」しながら、15文字くらい打っては改行、打っては改行して、行も15行程度でいったん印刷するのである。ワープロのエッジ部分に感熱紙をはさんで、ギザギザの文字で印刷されたものをコピーして、(オフセット印刷用に台紙にのりで貼ろうとすると、感熱紙が変色してしまうのでコピーしなければならなかった)B5の紙に段組みのごとく並べて原稿にしていた。

ほとんど職人芸である。しかも、フロッピーデイスクがなかったので、印刷したらその部分はもう「さよおなら」するしかなかった。


そんなこんなで段組み二段で文書を作成し、イラストを入れて原稿を作っていく喜びは大変なものだった。

しかし!そんな生活も長くは耐えられず、父におねだり攻撃で「東芝Rupo」を買ってもらった。これは液晶のバックが白く、表示は11行出たのです。

f:id:miyurin:20070404225646j:image



11行!当時家庭用にワープロで11行も表示されるなんて奇跡であった。私は天下を取った気分になり、「これで、制作規模でも才能でもミカに勝てる!」と本気で思ったものだった。

しかし、当時の最新型は野村宏伸が宣伝していたキャノワードの「てにをは56アウトライン」という機種であった。

てにをは」を修正してくれる、アウトライン印刷のやつ。(56とは何だったんだろうか?)アウトライン印刷は夢のまた夢…と思っていたのだが、Rupoで印刷した活字はほぼアウトラインに近い字だった。もうこれには狂喜乱舞!原稿を見たミカは悔しさのあまりにワナワナと震えていた。

ワープロはフル稼働した。同人誌作りはもちろん、「MSDOS変換テキストユーティリティ」というフロッピーを入れ、「テキスト形式」にして小さな出版社の冊子の入力バイトをしたり、CD-ROM黎明期企画書を作ったり、父親の会社交際費を一覧表にする仕事などをこなした。Rupoは、シフトキー+矢印で自在に線が引けたのである。これは今でも懐かしく思う便利な機能です。

f:id:miyurin:20060126200655j:image

バイト代が入ったので、ポケベルドコモが出していた丸の内OLカラー、青味ピンクの菱形タイプ。今思い出してもバブル期を象徴する美しいデザインだった)とソニーのテレコとノートワープロ(13万のやっぱりRupo。使っていないけど今もとってあります)を買った。

そうしたら、まったくもって突然に落語雑誌の座談会に呼ばれ、翌週、その中の一人に電話で呼ばれて仕事がきた。一介のOLに「高田文夫立川談志の対談テープおこし」、しかも媒体は「夕刊フジ」であった。やややや、ヤリマス、ともつれながら答えるわたし。なので今でも、大きい買い物をすると仕事がくるような期待をしてしまう。

そんなわけで、ウインドウズ3・14もすぐさま購入。IBMの「ヴィジョン」という機種で、テレビが見られるというのが売りだった。(テレ・パソ・コンポというキャッチコピーだった)しかし、パソコンが手に入ったのに、「本をつくる」事への興味は薄れてしまった。やはり「本作り職人芸」…15行づつ印刷、切り張り、コピー…。の工程が一番楽しかったのである。

それでも、時がめぐりいま、わたしは「コミックワークス」を購入した。このツールがあれば、誰でもまんがを気軽に作ることができるのである。

同人作家人生まだまだこれから、花を咲かせなくては。

(初出『サブカル評論』第10号2006年8月)

MauelMauel2012/04/15 14:43It's really great that people are sharing this inforatimon.

yxfbxymshzyxfbxymshz2012/04/19 01:41SmEaLD , [url=http://asqqmjolccds.com/]asqqmjolccds[/url], [link=http://yrcbkvjdnskd.com/]yrcbkvjdnskd[/link], http://qrbwrjihjppy.com/

2005-12-30

宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき 1 17:11

平成子供達よ、これが第一次アニメブームです~

ケーブルテレビファミリー劇場」でアニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズを一挙放映していた。改めて観た感想ブログに書いた所、「ぜひ、サブカル評論に再投稿を」との嬉しいお誘いを頂く。ので、大幅に加筆し、戦後60周年(!)宇宙戦艦ヤマト誕生30周年記念宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」~平成子供達よ、これが第一次アニメブームです~をおおくりします。

◆すべてはここから始まった

宇宙戦艦ヤマト劇場版(77年8月6日公開)

宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]

宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]

ストーリー

西暦2199年、地球ガミラス星から遊星爆弾による攻撃を受け、放射能汚染されていた。海は死滅人類は地下に潜み滅亡を待つしかなかった。

そんななか、火星基地に赴任していた古代進は不時着した宇宙船の調査を任命される。宇宙船の中にはこの世のものとは思えぬほど美しい女がカプセルを握りしめて絶命。

カプセルを解析するとそこにはメッセージが…

14万8千光年の彼方、銀河系太陽サンザーのイスカンダル星の女王スターシャから、放射能除去装置〝コスモクリーナーD〟を提供し地球を救うという申し出であった。

海の死滅によって地表にその姿を現した、第二次世界大戦時の「戦艦大和」。秘かに改造され「ノアの箱船」であった目的が一転、イスカンダルを目指す旅に出る。いそげヤマト人類滅亡まであと365日!

◆解説◆

74年10月よりNTV(日本テレビ)系列で放映されたTVシリーズダイジェスト版が劇場公開されたもの。TV、映画ともにオフィス・アカデミー製作。

「低視聴率番組映画公開で復活」というシステムと、アニメ・ブーム発生の先駈けとなった記念すべき作品。

「期限が一年」という危機感と、SFセンス溢れる設定、そして個性的な乗組員(古代・雪・島・相原アナライザーなど)の葛藤も盛り込んだ宇宙冒険ロマンである。ちなみに、イスカンダルの美女・サーシャの犠牲と、スターシャがタダでくれた〝コスモクリーナーD〟によって地球は救われ、そもそも宇宙放射線病であった艦長・沖田は地球を目前にして亡くなってしまう。

映画公開版では、既に寿命の尽きたスターシャが〝コスモクリーナーD〟を授けてくれるが、TV版・ディレクターズカット版ではスターシャは古代進の兄・守を愛するというロマンスがあった。

この時点で辞めておけば、「ヤマト世界観破綻しないで済んだのであるが…

世相の波が作品を押し流し、ヤマトはまた航海(公開)に乗り出す事となる。

(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)

f:id:miyurin:20070218173827j:image






宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」 2 17:03

◆本当のヤマトはここで終わっている…?

●「さらば宇宙戦艦ヤマト・愛の戦士たち」(78年8月5日公開)

*1171785493

ストーリー

 ヤマトが持ち帰った〝コスモクリーナーD〟のおかげで急速に復興した地球

新時代の宇宙戦艦が台頭し、いまやヤマトはドックにひっそりと眠っていた。

初代艦長・沖田十三の銅像がある「英雄の丘」で、一升びんを抱えかつての戦争を懐かしむ乗組員たち。(おいおいおいおい…)

そこへ、宇宙からのSOSが届く。それは、「テレザート星のテレサ」(何故か意味なく全裸美少女)から、全宇宙を侵略にやってくる「白色彗星帝国」への警告であった。テレサの説明を受け、立ちあがるヤマト

だが、強大な敵の前に一人、またひとりとクルーが犠牲になっていく・・・。

◆解説◆

 ダイジェスト版だった前作の大ヒットを受け、オール新作で制作された劇場版第2作目。製作は「オフィス・アカデミー」表記であるが、スタッフロールを見ると大手製作会社東映動画の全面協力があったと思われる。そのため作品の画風がガラリと変わった。(続編で絵の雰囲気が変わるのはアリ、ということを示した記念すべき作品)そして本作では、ヤマトを操縦した島大介と一般乗組員以外、主要人物が死んでしまうという衝撃的なラストを迎える。(マスコット存在の猫のミーくんまで爆死の描写がある)宇宙戦艦ヤマトは、愛する森雪の亡骸を抱いた古代進と、物質に触れると大爆発を起こす性質をもつ「テレサ」とともに白色彗星帝国目指して自爆する。子供向けとして誕生したテレビまんがの「絵」が高度になったうえ、「メメント・モリ(死を想う)」要素が入ったことによって大人の鑑賞にも耐えうるアニメというジャンル誕生したー。結果として、間違いなく第一次アニメブームは、興業的には映画宇宙戦艦ヤマト」から、内容的には「さらば~」から始まったと言ってよい。

が、「宇宙で自爆」というプロット自体は、使い古されたものである。

 そもそも、日本アニメ第一号である鉄腕アトム(63年虫プロ製作)が最終回地球を守るためにミサイルともども太陽に突っ込んでしまっていることが発端となり、初期に制作されたSFもののラストシーンで「宇宙で自爆(自滅)」が流行した。(「サイボーグ009」(六八年、東映動画製作)「ジャイアントロボ」(六七年東映製作)も、宇宙で自滅プロットである。009は助かるけどね) 

 せっかく根付いた大人向け動画・「アニメ」というジャンル。最大のヒット作であるヤマトをこのまま沈めてはならない。が、主人公が死んでしまっては続きが作れにゃい。

そこで、「TVシリーズで再構築して主人公を生かし、続編を作る」という作戦に出た。戦略的には英断でも、ストーリー破綻まくりである。

物語世界を深く愛していたファンの失望は押してしるべし。

かくして、アニメ専用チャンネルヤマトシリーズを放映する場合、「さらば~」を組み込むと二作目で主人公が死んでしまい、三作目に続かない。

そしてシリーズ最後の作品「ヤマト・完結編」のあとに放映した場合、壮大にしてハッピーエンドな「完結編」が無意味になってしまう。

真の金字塔的作品は宇宙に浮かんだままの幽霊戦艦となっているのであった。

f:id:miyurin:20070218173916j:image


(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)

宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」 3 17:15

ヤマトの「黒歴史」はここから…

宇宙戦艦ヤマトⅡ「ヤマト永遠なれ」(79年10月6日放映)

宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX

宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX

ストーリーは、「さらば宇宙戦艦ヤマト」と同じ。

◆解説◆

 78年10月よりNTV系列で放映されたTVシリーズの総集編。

読売TVとオフィス・アカデミーの共同製作。主人公達が死んでしまう劇場公開2作目「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」とはエンディングが違う。「映画テレビエンディングが違うのはアリ」という事を示した記念すべき作品。また、アニメ界初の全裸美少女キャラ・テレサがTVという事で、袖にボンボンのついた服を着せられた。ちなみに、TV版ではテレサがヤマトクルー・島大介(ツッパリにあらず)を愛し、彼女一人の自爆によって地球は救われる。


またまたテレビスペシャル

●「宇宙戦艦ヤマト・新たなる旅立ち」(79年7月31日放映)

ストーリー

地球を滅ぼそうとしたガミラスデスラー総統。(声・伊武雅刀

シリーズ化によって親しみが湧きファンも増え、あれよあれよと味方に変容してしまった。新たな敵・暗黒星帝国が現れガミラスと戦闘を開始したことにより、スターシャのイスカンダル星が軌道を離れ、宇宙をさまよいだす。かつて恩を受けたヤマトはスターシャ(と、彼女の夫となった兄・古代守)を救うために発進。デスラーのスターシャへの恋慕まで描かれた作品。

◆解説◆

CX(フジテレビ)とオフィス・アカデミーの共同製作(そう!フジテレビで放映したんだよな)

続編映画と、テレビ局編成期のために作られたTVスペシャル版。ちなみに、スターシャの尊い犠牲によって地球は救われる。「さらば宇宙戦艦ヤマト」で主題歌沢田研二が起用(曲名:ヤマトより愛をこめて)されてから、このシリーズ流行歌歌手主題歌を歌うのが定番に。本作の主題歌島倉千代子が歌う「サーシャ・わが愛」である。当時聞いてもかなり脱力した。

(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)

宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」 4 17:20

◆ふたりの愛が試される?劇場公開◆

ヤマト永遠に」(80年8月2日公開)

ヤマトよ永遠に【劇場版】 [DVD]

ヤマトよ永遠に【劇場版】 [DVD]

ストーリー

 西暦2203年、暗黒星帝国艦隊により、地球人間の脳細胞だけを破壊するという「重核子爆弾」が打ち込まれてしまう。戦闘体勢を整えるべく、いったん宇宙に脱出するヤマト

がそのさなか、ヒロイン森雪が負傷し敵の捕虜となってしまう。小惑星空間に赴任していたヤマトクルーの真田の姪・澪は、実は前作で預かったスターシャと守の娘・サーシャなのであった。一年で17歳の娘に成長し、超能力をもつサーシャは古代進に憧れを抱き、一方捕虜となった森雪は美形の敵の将校アルフォンに告白され、揺れる…。離ればなれになった二人の愛の試練を描いてゆく。

◆解説◆

オフィス・アカデミー製作。

キャラクター一年で0歳から17歳まで育つという事がアリ」という事を示した記念すべき作品。ちなみにスターシャの娘サーシャが恋と生命を犠牲にし、雪が大活躍したおかげで地球は救われる。アルフォン少尉の声の担当野沢那智アラン・ドロン張りのいい男っぷりで雪に迫った。

◆あーらら、こららの大失敗…

宇宙戦艦パートⅢ総集編 太陽系の危機!」(83年12月28日放映)

宇宙戦艦ヤマト? DVD MEMORIAL BOX

宇宙戦艦ヤマト? DVD MEMORIAL BOX

ストーリー

23世紀初頭。銀河宇宙間で、かつてのガミラス、「ガルマン・ガミラス帝国軍」(地球ヤマトにとっては味方)とボラ連邦による星間戦争が勃発。

その戦闘中ミサイル太陽に命中し、太陽内部核融合が異常増進。

人類が移住できる星を求めて、またもやヤマトが旅に立つ。

◆解説◆

 ウエストケープ・コーポレーション製作(突然出て来た名前だが、プロデューサー・西崎義展の個人事務所である)

80年より放映されたTVシリーズ(こちらは、読売TV製作)の総集編。大ヒットシリーズだからこそ冒険し、失敗するのもアリという事を示した記念すべき作品。見るからに痛い乗組員や出来損ないの女神キャラ〝ルダ・シャルバート〟などが出てくる正直しんどい作品だ。ちなみに、「永遠に」でサーシャを好演した声優・藩恵子さんが本作の地球防衛軍の娘も、ルダ・シャルバートの声も担当。次回作「完結編」の女神キャラクイーン・オブ・アクエリアスにも内定していた。たしか文化放送ささきいさお青春大通り」で、藩恵子版アクエリアスが流れ、テープにとって持っていたもんね。

しかし、実際にはアクエリアスの声は田島玲子さんが担当。藩恵子さんはその後もTV版ガンダムイセリナ、ララア、のちにまた松本零士作品の「千年女王」など一時代を築く。

(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)



宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」 5 17:27

◆やはりどこかで、終止符を打たなければ…。

●「宇宙戦艦ヤマト完結編」(83年3月19日公開)

宇宙戦艦ヤマト?完結編?【劇場版】 [DVD]

宇宙戦艦ヤマト?完結編?【劇場版】 [DVD]

ストーリー

 2203年、伝説の回遊惑星アクエリアスの接近により、惑星ディンギルは水没する。生き残ったディンギル帝国の総統・ルガールは、アクエリアスを故意に地球に接近させ、人類を滅亡させて地球に移住しようと計画。(水没したてめえの星にまた住みなおせよな)

圧倒的な力の前に屈する地球防衛軍。だがその時、立ち上がった男がいた…。初代艦長・沖田十三が生きていたのである!

◆解説◆

東映動画ウエストケープ共同製作の新作映画。(いろんな所と組みましたね)

ヤマトⅡ」以降の作品を「黒歴史」とみなした?初代艦長・沖田十三が蘇った作品。

Ⅰと完結編だけを抜いて観てみると異様に泣けるし、納得できる。Ⅱ以降、艦長代理として成長してきた古代進若者としての役割に戻し、森雪と結婚させた。長いこと待たされたわりには、ユキのウエディングドレスセコくないかい?

劇場版では二人が結ばれる美しいラブ・シーン…はっきり言ってセックスシーンがあるが、テレビでやるときは無い!!結婚式がフェイド・アウトして、モノローグシーンになって終了するのだ。今回、深夜放映だからあると思ったのに。(ブツブツ)

ま、あれはなくても良いのかなあ~???

皆様どう思われるだろうか…以下、美しいラブ・シーンの映像です。

注:音がでます。八神純子の声が高く、音が割れるのでボリュームを絞る事をお薦めします)


人間ドラマは重厚だが、全体の尺が長すぎるというのが正直なところである。

ちなみに、史実になぞらえて(?)地球を守るために海の星・アクエリアスに沈んでいくヤマトのおかげで、地球は救われる。

(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)


宇宙戦艦ヤマトサーガ鑑賞のてびき」 6 17:32

ヤマトのマトメ

ヤマトは大騒ぎしたが、地球ほとんど女神キャラの犠牲によって救われた。

古代と雪にはお互いを信じあう愛がある。「ガンダムシリーズと大きく違うところがここ。「ガンダム」では、宇宙で女が恋したら爆死が待っている。

その相手がシャアならば死は免れない。


・第一次アニメ・ブームと書いたが…ネット検索サイトで「第一次アニメ・ブーム」と入れてみると、意外にも正しい情報にヒットしない。

ブログ筆者自身の「第一次ブーム」や、「ガンダム以降」と認定しているもの、

また「アトム」と「ヤマト」を一緒にして論じているサイトもある。

(「アトム」と「ヤマト」には十一年の隔たりがあり一緒にするのには無理がある。国産アニメ第一号からブレイク作品「さらば」までには十四年のブランクがあるのだ)

そして、第一次「ヤマト」第二次「ガンダム第三次エヴァンゲリオン」と定義するのが一般的だが、これはあくまでもSFジャンルの作品に限定された見方である。アニメ国民的になった背景には、やはり宮崎駿作品に由る所が大きいのではないだろうか。その見地からすれば、キネマ旬報が「ルパン三世カリオストロの城」(79年12月公開・東京ムービー新社製作)を支持した時期か、宮崎駿女性映画を手がけた「魔女の宅急便」(89年7月29日公開・同製作委員会製作)公開時期もアニメブームに組み込んで論じられるべきだと、筆者は感じる。


番組制作時期を洗い出してみると、局(特に日本テレビ系列)の編成時期に「ヤマト」の枠があったのだなあと痛感した。

ニッポン放送が、深夜十二時から朝の五時まで、生放送で「宇宙戦艦ヤマト」のドラマ特番をやっていた時期がある。ラジオが「受験生の友」だった時代を感じる。また、ニッポン放送はその後も「声優コンテスト」などを行い、声優ブームの担い手となった。(このコンテスト入賞者に、のちに「怪物ランドメンバーとなった郷田ほづみがいる)

実は、筆者もひそかに支離滅裂なるオーディションテープを送ったのであった。

●その後の宇宙戦艦ヤマト

その後、「二匹目のドジョウ」を狙い、さまざまな作品が製作された。

本家アカデミーは、読売テレビと共同でセルフパロディともいうべき「宇宙空母ブルーノア」(79年10月より読売系列で放映)

http://www.h4.dion.ne.jp/~baron/page115.html

発表

東映動画松本零士メカキャラクター人気に着目し、氏の作品を次々とアニメ化映画化した。

☆「惑星ロボダンガードA」(77年、CX)

http://www.weblio.jp/content/%E6%83%91%E6%98%9F%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BC%A1

☆「宇宙海賊キャプテンハーロック」(78年、テレビ朝日

http://www.weblio.jp/content/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%B5%B7%E8%B3%8A%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

☆「銀河鉄道999」(78年、CX)

http://www.weblio.jp/content/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%89%84%E9%81%93%EF%BC%99%EF%BC%99%EF%BC%99

☆「SF西遊記タージンガー」(79年、CX)

http://www.weblio.jp/content/%EF%BC%B3%EF%BC%A6%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98%EF%BD%BD%EF%BE%80%EF%BD%B0%EF%BD%BC%EF%BE%9E%EF%BE%9D%EF%BD%B6%EF%BE%9E%EF%BD%B0

☆「新竹取物語千年女王」(81年、CX)

http://www.globetown.net/~dup/2/3n/0688.HTML

まさに松本零士ひとり勝ち状態。松本メカキャラクターさえあれば、東映動画文芸スタッフが既存ノウハウを生かした脚本を仕上げ、名作が生み出される。

が、そのためか、ブーム以降の松本零士漫画作品は脆弱になった印象を受ける。「999」以外はほとんど未完であり、感覚的な台詞や目のアップなど、すべてが抽象的になっていくのだった。

うろ覚えだった作品がひとつあったが、入稿後万理小路信房氏(「サブカル評論編集長」より「シド・ミードヤマトは無しですか?」と言われて思い出した。

YAMATO 2520(やまと・にーごーにーぜろ)」というOVA作品が存在したのである。(95年テイクオフ製作、ボイジャーエンターティメント販売)これは、「ヤマト」総指揮者・西崎義展監督による、「ヤマトサーガより300年後の世界を描いた正統な続編」との事だが、メカの設計図が出てくるだけで古代たち主人公との繋がりが描かれていないうちに、製作会社倒産し発売中止の憂き目に会ってしまった。TV放送も劇場公開もされていないので、今回のレヴューからははずさせて貰ったが、メカ・コンセプトを著名な工業デザイナーシド・ミードが手掛け(のちにターンAガンダムデザイン担当主人公の声を少年隊錦織一清があてるなど、意気込みは十分であった。

 テイクオフ倒産後、西崎義展は資金不足や覚せい剤逮捕などでヤマトを製作できなくなってしまった。その隙に、著作権の保有を巡り激しい争いが勃発。風貌が似ている事から、西崎は当時「赤坂デスラー」と呼ばれていたそうだが、彼もデスラー同様「浪人」となり、白色彗星帝国(●北新社)や

黒星帝国(●ンダイ)、ディンギル帝国(●ンダイビジュアル)との攻防を繰り返している。かつての好敵手・古代進松本0:00)も大銀河ヤマトなる恐ろしくセンスの悪い円盤が刺さったヤマトもどきを発進させたり、

まほろば」なる双子戦艦が登場する「新宇宙戦艦ヤマト」などを描いている。

西崎と彼の会社「エナジオ」は裁判によって著作人格権が認められ、「宇宙戦艦ヤマト復活編(仮)」を企画中とか。しかし、この中のどれもが陽の目を見ず終わりゆくような気がしてならない。

それでいいではないか。

ヤマトは白色彗星帝国とともに、光の中に去っていったのだから…。


ちなみに、ソースエクスト版タイピングソフト宇宙戦艦ヤマトタイピング波動砲」では、CGで起こしたグラフィックと死去した富山敬さん以外の忠実な声優起用で、ヤマトの世界を堪能でき、お薦めである。(了)

(初出『サブカル評論』第9号2005年12月)

FernandoFernando2012/04/10 12:41Your post is a timely contibrutoin to the debate

ecadxylejkuecadxylejku2012/04/11 03:42u3IVRM , [url=http://epqlcemceenm.com/]epqlcemceenm[/url], [link=http://dflhtptqbgsg.com/]dflhtptqbgsg[/link], http://eorfemfwvqij.com/

2005-08-14

春風亭のカミカゼ!?タイガー&ドラゴン 23:21

●脈々と続く排他の構造

落語評論本などに、「シンブン爺イ」という言葉が出てくる。

昭和40年頃か、寄席に長年通っている客達が「五代目・古今亭志ん生八代目桂文楽を聴いていない奴はモグリだ」と言って新参の客をよくバカにしていたらしい。

志ん生のシンと文楽のブンで、「シンブン爺イ」。バカにされた新参客がネーミングしたのだろうか。

キャパシティの限られた空間で、客同士が「席を奪い合うライバル」だからなのか、寄席ファンというものはとかく排他的である。

そして、そんな客にはなりたくないと思っていた新参客も、客席の隅っこに通ううちに同じようになってきてしまうのだ。

鳥肌が立つような高座を勤める噺家もいれば、タイムカードを押すだけのような了見の悪い噺家、描写をつけ足して噺を四十分ほども演じ、「名人であるかのように取り繕う」噺家もいるという事がわかってきてしまう。

「あいつは、ダメだ…」

と心で感じた瞬間、落語落語家に対する「理解のステージ」があがる。そうなると、若かろうが爺イだろうが、オタクだろうが女子高生だろうが、誰もが「シンブン爺イ」の心境・口調になってくるのであった。

落語ファンよ本性をあらわせ!

 官藤官九郎が脚本を書いたドラマタイガー&ドラゴン」(2005年1月、四月TBS制作)は、圧倒的人気を博して一般社会落語ブームを引き起こし、都内の寄席は連日超満員となった時期があった。

番組をきっかけとしたこのブームを、本稿では「タイガー旋風」と名づけよう。

大半の落語ファンの本質はシンブン爺イ的であるので、タイガー旋風を「受け入れたくない」というのがホンネではないかと思う。TVを見た客が寄席押し寄せるなど、縄張りを死守する落語ファンが最も嫌悪するパターンだ。しかし、あからさまに否定すれば、「シンブン爺イの末裔」とみなされ、流行を理解しないヤツのレッテルを貼られてしまいそうだ。

が、これは落語界が盛り返したブームではなく、ドラマという虚構によって起こったものだ。

幻想噺家を追い求めて寄席に足を踏み入れた新参者。

これこそ、真の「馬鹿にして良い餌食」なのである。シンブン爺イの末裔

今こそ目覚め、復活するべきなのだ!ピカゴローッ!(雷の落ちる音)

(いや、私はそんな事はしませんよ…ほんとだってば!)

冗談はさておき、「美形でアウトローな噺家」という幻想を求めてお客さんが来ても、現実寄席に虎児(長瀬智也)なみの美形噺家はいない。(本物のヤクザ噺家ならいると思うケド!?)が、唯一、クドカンの客を満足させる存在がいる。

春風亭昇太だ。

タイガー&ドラゴン オリジナル・サウンドトラック

タイガー&ドラゴン オリジナル・サウンドトラック


タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 [DVD]

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 [DVD]

タイガー旋風は春風亭のカミカゼ

 ドラマで林家亭どん吉を演じていた春風亭昇太は本物の落語家であり、現在のところ実力・人気・現代性ともに申し分ない。年齢不詳の外見、古典新作落語もこなし(創作し)、高座はわかりやすく、ギャグ合格点。お洒落、レトロ趣味、車好き、料理好き、独身、ひとりを楽しめる、格闘技好き、怪獣好き、…昇太にはおよそ、シンブン爺イの時代のような落語家イメージは無い。

そう、タイガー旋風は昇太のためだけに吹き荒れたのだ。

私服のファッションなど、昇太クドカンは同じタイプ人間ではないかと思う。長瀬がいなくても、昇太を観る事ができれば、クドカンのファンは満足し、

寄席にハマる可能性もある、かーもしれない。

(初出:『サブカル評論第』第8号、2006年12月 一部改稿)




発見!『砂の器』はあのジャンルだった…。 23:19


砂の器 [VHS]

砂の器 [VHS]


05年7月1日、デジタルリマスター版『砂の器』を東銀座東劇にて鑑賞。

観ている最中から、私の血圧はあがり、手は汗ばんだ。

ラスト・シーンとなったとき、感動に泣きはらしつつも、私は確信した。

(す、「砂の器」、おまえもか…!)

映画砂の器」には「望まない子供」、または「子供を持つことによって起こる不幸」という呪いが、密かに描かれているのである。

まず、幼い頃に母を亡くし、愛情に飢えている和賀英良こと本浦秀夫。飢えているがゆえに女性を求めるが、真剣に愛する事はできない。高木理恵子は遊び相手であり、田所佐知子は出世に利用しただけ。しかも二人とも胸の無いガリガリちゃん、女性性・母性符号を持たないという点が二人の共通点であり、秀夫にとって魅力に感じるところなのであろう。

それなのに理恵子は和賀の子供を身ごもってしまう。

過去がある・らい病の遺伝を恐れて・父になる恐ろしさ・出世の妨げ…等が理由なのか、和賀(秀夫)は頑固として理恵子の出産を拒否。

そんな和賀の態度に怒った理恵子は「どんな子どもでも、あなたよりは幸せよ!」という捨て台詞を残して泣きながら夜の街をさまよい続け…。流産によって路上に倒れ、運ばれた病院で急死してしまう。

しかも運ばれた病院で「あんまり出血が多かったから、てっきり交通事故かと思って…婦人科だったら何とかなったかもしれないが」

医師が困惑しているさなかに、ピー……と心停止

酷い。和賀に遊ばれ、証拠隠滅工作までさせられたのに、和賀が手を下す事なく都合よく勝手に死んでしまう理恵子。しかも運ぶ病院を間違えられるというオプションまでついている。

この理恵子のエピソードが、まず第一の「子を持ったために起こった不幸」。

そして、そもそもらい病にかかってしまった本浦千代吉がに子どもがなければ、自らの命を絶つ事もできたかもしれないが、秀夫がいたために、死ぬ事もできず巡礼の旅を続けなければならならなかった。

これが、第二の不幸。

そして千代吉親子を救った三木夫妻のささやか幸せは、養子となった秀夫の失踪によって壊されてしまう。

本当の親のように深い愛情で接していた三木夫妻の心は、かたくなになった秀夫には届かず、失踪されてしまう。

幼い子どもに絶対的に拒絶された不幸を乗り越えるため、三木は執念で秀夫を探したに違いない。

そして、見つけた秀夫本人によって殺害されてしまう。

子ども(養子)を貰わなければ、こんな悲劇はなかった筈である。

三木の元を去ったまだ幼い秀夫が、いったいどうやって和賀自転車店の丁稚になれたかは謎だが、和賀夫妻も秀夫を受け入れたために戦災で死んでしまう。

ここまで徹底するとアッパレというものである。

翌日、参考までに本屋に行って

斉藤美奈子著「妊娠小説」(ちくま文庫)を購入。

妊娠小説 (ちくま文庫)

妊娠小説 (ちくま文庫)

この本は、「日本近代文学の多くの名作には、望まない妊娠によって男が悩み苦しむという、妊娠小説という一大ジャンルがある」という視点で森欧外「舞姫」、石原慎太郎太陽の季節」、三島由紀夫「美徳のよろめき」などを解説した名著である。

映画砂の器」も近代文学セオリーに従って「妊娠小説」的要素を盛り込んだのだろうか。




(初出『サブカル評論』第8号2005年8月)